<今日の仮想通貨市況>XRP急伸、アルグリムのリップル傘下入りを好感

99805239_s.jpg
 10月1日午前10時10分現在の主要仮想通貨は、ビットコイン(BTC)が1BTC=89万1155円(過去24時間比2.18%高)、イーサリアム(ETH)が1ETH=1万9401円(同5.55%高)、XRP(XRP)が1XRP=27.5円(同6.03%高)など買い優勢となっている。

 9月30日、リップル社がアイスランドの仮想通貨取引企業アルグリムを買収したと発表。XRPを活用した国際送金に絡む商品開発を強化する上でアルグリムの技術が不可欠といった旨を明らかにしている。これを好感し、XRPが急伸。相場をけん引したとみられる。

 このほか、ブロックチェーン(BC)技術を使った資金調達であるSTO(セキュリティー・トークン・オファリングの業界団体を10月1日付けで立ち上げると報じられたことが話題となっている。報道によると、SBI証券を筆頭に、総合証券では野村、大和、ネット証券では楽天、カブドットコム、マネックスが参画するとしている。

 SEOは株式や売掛債権、不動産などの裏付け資産としてトークン(デジタル権利証)を発行し、資金調達を行う。米国を中心に海外では資金調達手段として注目を集めていたが、日本では5月の金融商品取引法(金商法)の改正でBCを使ったトークンの売買・募集は証券会社など「第一種金融商品取引業者」の取扱業務となった。なお、日本での金商法に基づくSTOの実施は20年4月からとなる。

(イメージ写真提供:123RF)

ランキングページ
ビットコイン詳細ページ
イーサ詳細ページ
XRP詳細ページ
ICOレーティングについて