ウクライナ、仮想通貨の「合法化」を検討

90884669_s_Ukraine.jpg

 ウクライナの大臣が政府は仮想通貨を現在の「グレーゾーン」から外し、法的地位を与えたいと考えていると述べた。しかし、政府によるこの動きの動機は主に財務に関係しているように見える。なぜなら、この大臣は仮想通貨マイナーと仮想通貨トレーダーの両方に税を課すことを提案したからだ。

 ニュースサイトのLigaによれば、ウクライナのデジタル変革担当副大臣であるアレクサンダー・ボルニャコフ氏は以下のように述べた。

 「仮想通貨を扱っている人々は、現在彼らが活動しているグレーゾーンから出てきて、税を払い始めるべきだ」

 ボルニャコフ氏は、仮想通貨はウクライナでは違法ではないものの法的地位を有していないため、仮想通貨の「合法化」は仮想通貨業界にとって前進であると述べた。他の多くの国と同じように、ウクライナでは仮想通貨は法定通貨と認識されていない。

 ボルニャコフ氏は政府が「仮想通貨マイナーから資金を得る」可能性についても話した。ボルニャコフ氏は、仮想通貨の合法化は将来的に仮想通貨トレーダーに課税する道を開くと述べた。(一方で、報道されているように、ロシアの銀行とその弁護士達は、同国の規制当局が税法を変更する必要すらなく仮想通貨保有者を課税することを可能にする創造的な法の落とし穴を発見したようである)

 報道によれば、ウクライナの新政府は公式の登録簿と書類システムをBC(ブロックチェーン)を利用したプラットフォームに変更することを約束している。

 同じくLigaによれば、ボルニャコフ氏の仮想通貨の合法化計画はより広範な計画の一部であり、この計画では政府運営のデジタル化においてBC技術が主要な役割を果たす。

 例えば、Cryptonews.comが18年に報じたように、国営企業と提携して行われたBC技術の運用によって、ウクライナでは押収された財産と借地権のオークションからの収益を増やすことができた。

 一方で、ウクライナの北部にあるベラルーシのアレクサンドル・ルカシェンコ大統領が、ビットコイン(BTC)を採掘するために原子力発電所の超過分を利用する可能性を議論している様子を映す、日付のないビデオがソーシャルメディアに投稿されている。

(イメージ写真提供:123RF)

https://cryptonews.com/news/legalization-coming-for-cryptocurrency-in-ukraine-and-so-is-4757.htm

This story originally appeared on cryptonews.com.

ランキングページ
ビットコイン詳細ページ
イーサ詳細ページ
XRP詳細ページ
ICOレーティングについて