米バイナンス、ビットコインやXRP、USDTなどの取引を24日開始

91284163_s.jpg

 米国の規制環境は仮想通貨に対し極めて非好意的だが、バックトの仮想通貨先物取引開始によって米国民に新たな投資の期待がもたらされた。この良好な状況下で、仮想通貨交換所バイナンスの米国部門である米バイナンスは法定通貨と仮想通貨、仮想通貨と仮想通貨の取引を24日に開始すると発表した。公式記事には次のように記されている。

 「サービス開始時点で、米バイナンスはビットコイン(BTC)イーサリアム(ETH)、XRP(XRP)、ビットコインキャッシュ(BCH)、ライトコイン(LTC)、バイナンスコイン(BNB)、テザー(USDT)に対応し、法定通貨と仮想通貨、仮想通貨と仮想通貨の13種類の取引ペアが利用可能となる」。

 米バイナンスは、19年11月1日まで手数料無料でサービスを提供する。同社はさらに、「フィアット認証を終えた新アカウントは、(任意の取引ペアでの売買で)取引量が100ドルに到達すると15ドルの登録・招待ボーナスを受け取れる」と説明した。

 米バイナンスは今回のサービス開始で、BTC/USD、ETH/USD、XRP/USD、BCH/USD、LTC/USD、BNB/USD、USDT/USD、BTC/USDT、ETH/USDT、XRP/USDT、BCH/USDT、LTC/USDT、BNB/USDTの取引ペアに対応する。同社は米国の顧客への招待ボーナス制度も提供している。

 バイナンスはデジタル資産リスク評価フレームワークに基づき、同交換所の対応資産第2弾も決定している。この発表は別途行われる。さらに、米バイナンスはカルダノ(ADA)、ベーシック・アテンション・トークン(BAT)、イーサリアムクラシック(ETC)、ステラ(XLM)、ゼロエックス(ZRX)の入金にも対応すると正式に発表した。ただし取引開始まで出金は行えないという。

(イメージ写真提供:123RF)

https://eng.ambcrypto.com/binance-us-to-begin-trading-btc-eth-xrp-bch-ltc-bnb-and-usdt-from-tuesday/

This story originally appeared on AMB CRYPTO.

ランキングページ
ビットコイン詳細ページ
イーサ詳細ページ
XRP詳細ページ
ICOレーティングについて