SEC委員長、ビットコインは「より適切に規制される必要がある」

sec_118178578_s.jpg

 SEC(米証券取引委員会)のジェイ・クレイトン委員長はビットコイン(BTC)は主要な取引上で取引される前に強力に規制される必要があると述べた。またクレイトン氏は投資家に対し、そのような強力な規制が導入されるまでデジタル資産への投資には注意するよう警告を促した。クレイトン氏はこれらの発言をCNBCによる9回目の「デリバリング・アルファ・カンファレンス」において行った。

 クレイトン氏は自身の発言の際に以下のように述べた。

 「もし投資家がナスダック取引所やニューヨーク証券取引所と同じような厳格さで価格が発見されていると考えているのなら、彼らは非常に間違っている。取引がより適切に規制されていると自信を持てるような状況にしなければならない」

 SEC委員長によるこれらの発言の前には、ヴァンエックとソリッドXがSECへのビットコインETFの上場審議申請を取り下げていた。ビットコインETFは、もし認可されればそれは大きな変化をもたらす判断であり、メインストリームへの普及に必要な勢いを与えるだろうと見られていた。シカゴ・マーカンタイル取引所へのビットコイン先物の導入がビットコインが主要な取引所で取引されることにもっとも近づいた瞬間であった。

 クレイトン氏は一般投資家により多くの公開市場へのアクセスを与えることを声高に支持してきた。これについてクレイトン氏は以下のように述べている。

 「もし成長機会が完全にではなくともかなりの程度で未公開市場に移動し、一般投資家がそれらへアクセスできないとしたら、それは良くない。問題はこれについてどのような対策を取るかということである」

(イメージ写真提供:123RF)

https://eng.ambcrypto.com/bitcoin-needs-to-be-better-regulated-to-trade-on-major-exchanges-says-sec-chairman/

This story originally appeared on AMB CRYPTO.

ランキングページ
ビットコイン詳細ページ
イーサ詳細ページ
XRP詳細ページ
ICOレーティングについて