CFTC、市場監視部門の責任者にコインベース元バイスプレジデントを採用

37404438_s.jpg

 CFTC(米商品先物取引委員会)が、コインベースの元バイスプレジデントのドロシー・D・デウィット氏を市場監視部門の責任者として採用した。同氏は以前、事業・市場担当の法務顧問としてコインベースを率いていた。デウィット氏は就任後、デリバティブ・プラットフォームとスワップ・データ・レポジトリの監督に取り組むことになる。

 デウィット氏はカドガン・マネジメントやGAMなどで重要な役職を歴任してきたため、金融エコシステムに関する多くの専門知識を有している。

 この任命により、CFTCは仮想通貨の適切な規制に関する計画を強化している。CFTCでは、デジタル資産に造詣が深い仮想通貨業界の幹部やインフルエンサーが重要な役職に任命されている。CFTCのヒース・ターバート委員長は自身のツイッターアカウントでもこの件を発表した。ツイートの内容は次の通り。

 「ドロシー・デウィット氏が間もなくCFTCに加わり市場監視部門の責任者となることを発表でき喜ばしく思う。デリバティブ・プラットフォームを監督し、プラットフォームで取引される新商品を評価する重要な役職だ」。

 CFTCはこれまで、コインベースから多くの管理職を任命していることも重要だ。CFTCは以前アンドルー・L・ライデナー氏を委員長付きの上級顧問として採用したが、ライデナー氏はコインベースから同委員会に加わっていた。

(イメージ写真提供:123RF)

https://eng.ambcrypto.com/cftc-hires-coinbases-former-vice-president-to-lead-regulatory-bodys-division-of-market-oversight/

This story originally appeared on AMB CRYPTO.

ランキングページ
ビットコイン詳細ページ
イーサ詳細ページ
XRP詳細ページ
ICOレーティングについて