ドイツがステーブルコインを「拒否」、他国も追随することを期待

49066430_s_国会議事堂.jpg

 ドイツ政府がステーブルコインに対して厳しい攻撃を開始した。ドイツの財務大臣はフェイスブックのリブラのようなトークンを「明確に拒否する」とし、他の諸国も足並みを揃えることを期待していると述べた。

 今週は仮想通貨とBC(ブロックチェーン)支持者にとって大事な週であり、ドイツ政府は18日後半に「包括的な」BC政策の戦略を仕上げるために集まる予定である。

 多くのBC支持者にとって心配な展開ではあるが、ロイター通信は18日の会議で政府内で使用される予定の文書を見たと報道しており、その文書には以下のような文が見られる。

 「ドイツ連邦政府はステーブルコインが公式通貨の代替物とならないことを確実するために、欧州及び国際レベルで行動する」

 上述のロイター通信の報道によれば、ドイツのオーラフ・ショルツ財務大臣はベルリンで開かれたパネルディスカッションで以下のように述べている(リブラのようなステーブルコインに言及して)。

 「私達は既存の通貨と並ぶ並行通貨を認めることはできない。明確に拒否しなければならない」

 上述の文書には、ドイツ政府が「現在の発展状況を探り、潜在的なリスクに取り組みながら」、デジタル法定通貨プロジェクトに関してドイツ連邦銀行と緊密に協力する方法についても詳細に書かれている。

 この文書はBCを利用した電子債権を合法化するドイツ政府の意向についても簡潔に説明している。

 ドイツ政府は同国の経済を「デジタル化」することに引き続き取り組んでいると述べる。しかし、ドイツ政府は提案されている国内の仮想通貨ウォレットサービスへの規制に加えて、さらなる法案の導入に合意すると考えられている。また、ドイツ政府は金融規制当局に対して、現在日本などで行われているように、仮想通貨交換所をライセンスを通して取り締まるよう要請するべきか検討している。

(イメージ写真提供:123RF)

https://cryptonews.com/news/germany-rejects-stablecoins-and-wants-the-world-to-do-likewi-4671.htm

This story originally appeared on cryptonews.com.

ランキングページ
ビットコイン詳細ページ
イーサ詳細ページ
XRP詳細ページ
ICOレーティングについて