ロシアの銀行業界が仮想通貨の匿名性排除を目指す

russia_72937444_s.jpg

 ロシアの銀行業界は仮想通貨取引におけるあらゆる形の匿名性を排除しようと考えており、仮想通貨保有の事実とその金額を公表したいと考えている。

 ニュースメディアのRNSによれば、ロシアの多くの主要な銀行によって構成されるロシア銀行協会は他の人がどれだけの仮想通貨を保有しているのかを「誰もが」知ることを可能にする「スペシャルプログラム」を利用したいと述べている。

 ロシア銀行協会の副会長であるAnatoly Kozlachkov氏は同様の「プログラム」はすでに存在しており、法執行機関によって使用されていると述べている。しかし、Kozlachkov氏は、一般の人々がお互いに仮想通貨についてチェックを行うことを可能にする仮想通貨検索ネットワークを「サービス提供者」が運営することを描いていると述べる。

 Kozlachkov氏は以下のように述べている。

 「最も簡単な例は、あなたに多額の資金を借りている誰かがビットコイン(BTC)を保有している場合だ。しかし、今のところ、このような状況でできることは何もない。取引が匿名だからだ。そして、このような情報を入手する合法的な方法は存在しない」

 イタルタス通信は、債務者の仮想通貨保有に関する情報を提供された場合、裁判所はその債務者に対して仮想通貨ウォレットのパスワードを提出するよう命令することができ、債務者が従わない場合は刑事責任を追及されるというKozlachkov氏の提案を報道している。

 Kozlachkov氏は以下のように述べる。

 「一方で、私達はこの道具(仮想通貨)を詐欺師から取り上げたい。他方で、人々に仮想通貨を合法的に利用し、その利益に関して税金を払う機会を与えたいと考えている」

(イメージ写真提供:123RF)

https://cryptonews.com/news/russian-banks-want-to-eliminate-cryptocurrency-anonymity-4641.htm

This story originally appeared on cryptonews.com.

ランキングページ
ビットコイン詳細ページ
イーサ詳細ページ
XRP詳細ページ
ICOレーティングについて