リップルと提携のインスタレム、国際送金サービス提供計画を発表

114452538_s.jpg

 XRP(XRP)の19年の値動きは、好調だった17年からはかけ離れている。しかし仮想通貨コミュニティは国際決済エコシステムを支配しようとするリップルの取り組みを理解している。リップルネットのメンバーで、国際金融決済インフラ大手のインスタレムは、アジアの大手決済企業であるSBIレミット及びSBIコスマネーとのリアルタイム国際決済の強化に関するパートナーシップを発表した。これによりサンフランシスコに本社を置くリップルは新たな節目を迎えた。

 インスタレムは既に「世界中の大手金融機関と東南アジアの銀行上位10行中4行への支払い」を実現している。インスタレムの共同創業者でCEO(最高経営責任者)のプラジット・ナヌ氏はこのパートナーシップを歓迎し、次のようにコメントした。

 「リアルタイム海外送金を強化するためにSBIレミット及びSBIコスマネーと協力でき光栄だ。この関係は、リアルタイム決済の大手提供会社としてのインスタレムの地位をさらに強固にする」。

 ナヌ氏は、インスタレムによってSBIレミット及びSBIコスマネーの顧客は正確な送金時間と送金量を確保しつつより迅速な応答を実現できると強調した。SBIコスマネーのジョー・キムCEOは次のように述べた。

「顧客への迅速で、安全で、効率的な送金サービスの提供についてインスタレムと提携でき喜ばしく思う」。

 この提携は、国際決済エコシステムをリップルが支配するための重要な一歩だ。以前言及した通り、インスタレムは18年、東南アジアのリップルネットメンバーへの迅速で安全な支払いを促進するためにリップルと戦略的パートナーシップを結んだ。一方インスタレムがサービス提供を予定している企業の1つであるSBIレミットは、つい最近リップルと提携した国際決済大手マネーグラムのサービスを利用している。

(イメージ写真提供:123RF)

https://eng.ambcrypto.com/ripple-partner-instarem-announces-plans-to-provide-cross-border-remittance-service-for-sbi-remit-cosmoney/

This story originally appeared on AMB CRYPTO.

ランキングページ
ビットコイン詳細ページ
イーサ詳細ページ
XRP詳細ページ
ICOレーティングについて