<今日の仮想通貨市況>まちまち、7日未明の急落は価格操作との指摘も

53997303_s.jpg
 9日午前11時5分現在の主要な仮想通貨は、ビットコイン(BTC)が1BTC=111万5000円前後(過去24時間比1.0%安)、イーサリアム(ETH)が1ETH=1万9300円前後(同1.2%高)、XRP(XRP)が1XRP=28円前後(同0.6%高)などとなっている。

 弱い米8月雇用統計などもあってリスク回避の買いが優勢となり、6日夜にはドルベースで1万900ドルに迫ったが、上値の重さが嫌気されたこともあって7日未明に急落。朝方には1万300ドルを割り込んだ。価格操作などが指摘されているが、下げの明確な理由は分かっていない。ビットコインは売り一巡後に下げ渋ったが、週明けの時点で1万400ドル台と戻りは鈍い。

 一方、イーサリアムやXRPもほぼ同時刻に下げ足を速めたが、7日夜から8日にかけて持ち直した。

(イメージ写真提供:123RF)

ランキングページ
ビットコイン詳細ページ
イーサ詳細ページ
XRP詳細ページ
ICOレーティングについて