サムスンのパートナー・クレイトン、ギャラクシーノート10を仮想通貨フレンドリーに

sumsung_34704708_s.jpg

 5日のウォール・ストリート・ジャーナルの報道によれば、世界最大手スマートフォンメーカーのサムスンは、主力ファブレットであるギャラクシーノート10の新バージョンを「クレイトンフォーン」として販売を開始する。

 この記事によれば、価格帯が1000ドルのファブレットの通常バージョンとの違いは、仮想通貨ウォレットとブロックチェーン(BC)アプリが搭載されている点だけだ。クレイトンフォーンの購入者は、韓国のカカオグループにより運営されているBCプラットフォームのクレイトンが発行するトークン「クレイ」を一定量付与される。さらに、この機器はクレイトンネットワーク上での取引をサポートする。韓国のみでの販売を予定している。

 7月、クリプトニュースの報道によれば、カカオグループはサムスンとBCに関わる提携を行い、サムスンのBCウォレットをクレイトンのBCアプリと互換性を持たせるようにすることについて、議論を重ねていた。

 カカオグループが設立したグラウンドXの主要ネットワークは最近稼働を開始し、カカオによれば、クレイトンのトークンを管理することができるように仮想通貨ウォレットに利用されている。

 グラウンドXは、すでにLGとサムスン、ユニオン・バンク・オブ・フィリピンなどの銀行を含むハイプロファイル企業と提携している。

 8月、サムスンは仮想通貨ウォレットがギャラクシーノート10に搭載されることを確認した。

 9月4日、クリプトニュースによれば、サムスンがサポートする非中央集権型のアプリ(dapps)とコインのリストを公開し、ギャラクシーS10のサポート対象であることを発表した。

(イメージ写真提供:123RF)

https://cryptonews.com/news/samsung-partners-with-klaytn-to-make-galaxy-note-10-crypto-f-4586.htm

This story originally appeared on cryptonews.com.

ランキングページ
ビットコイン詳細ページ
イーサ詳細ページ
XRP詳細ページ
ICOレーティングについて