監査法人、銀行、スポーツプラットフォーム、支払いにビットコイン採用

77883196_s.jpg

 世界的な大手監査法人や、米国スポーツ、エンターテイメントのプラットフォームは、ビットコイン(BTC)を保有する顧客に門戸を開くこととし、企業はビットコインによる支払いが引き続き可能となる。さらに、176年の歴史を持つノルウェーの銀行も、仮想通貨交換所に出資している。

 監査法人PwCルクセンブルクは、10月1日からビットコインでの支払いを受け入れると発表した。「仮想通貨による支払いを受け入れている」と主張する動きだ。

 PwCによると、「仮想通貨業界が必要とする基準を満たすために、社内ポリシーと手順を慎重にレビューし、現地で規制された交換所と緊密に協力した」とのこと。

 また同社は「仮想通貨に関して、分裂の特徴と、現在の弱点の両方を認めている」とも付け加えている。

 PwCは、「ブロックチェーン(BC)技術のみに専念する技術チームメンバーは100人以上おり、彼らがサポートするBC、および仮想通貨のトピックに関しては、世界中で400人以上のスタッフが働いている」ことを強調している。一方、ライバルであるデロイトは、この8月に「BC・イン・ア・ボックス」という名前のBCデモキットをリリースしたと伝わっている。

 また、BCを利用した主要決済プロバイダーであるビットペイは、スポーツテクノロジーエンターテイメントに焦点を当てたファンデュエル(FanDuel)グループと、契約を結んだことをプレスリリースで発表した。このグループは、ファンデュエル、Betfair US、ドラフト、TVGを運営している。

 このビットペイの契約により、ファンデュエル・デイリー・ファンタジースポーツ・アプリのユーザーは、プラットフォームにビットコインを入金することができる。 ビットペイによると、1万ドル以上のビットコインを入金する同アプリの顧客は、「10%の追加デポジットと、最大2000ドルのボーナス」を受け取ることができる。

 ビットペイのチーフ・コマーシャル・オフィサーであるソニー・シン氏は、「NFLフットボールは最も人気のあるスポーツイベントの1つなので、フットボールシーズンが開始すれば、ファンにビットコインを紹介する絶好の機会となる」と述べている。 「我々は、ビットコインユーザーが仮想通貨をファンデュエル・アカウントに入金し、デイリー・ファンタジー・スポーツゲームを利用できる選択肢を用意したかった」。

 他には、ノルウェーの貯蓄銀行が、国内の仮想通貨交換所と協力する可能性への扉を開いた。

 発表によると、ノルウェーの貯蓄銀行であるSparebankenは、ノルウェーブロック交換所(NBX)の16.3%の株式に対して約165万ドルを支払ったと述べている。

 NBXは、ノルウェービジネス界の有力者であるBjorn Kjos氏によって設立された、ノルウェーを拠点とする仮想通貨交換所だ。 同氏は、ノルウェー航空のCEOおよび創業者として成功を収め、昨年、NBXプラットフォームを開始したと発表した。

 Sparebankenは、NBXとノルウェー航空の「可能なコラボレーション」について述べた。

 同銀行は、「新しい知識とソリューションを取得し、分裂のイニシアチブから学び、理解するために、NBXの所有権を獲得することを決定した。理解することで、顧客の競争や未来志向のソリューションを管理できるようになる」としている。

(イメージ写真提供:123RF)

https://cryptonews.com/news/auditor-bank-and-sports-platform-turn-to-bitcoin-crypto-paym-4575.htm

This story originally appeared on cryptonews.com.

ランキングページ
ビットコイン詳細ページ
イーサ詳細ページ
XRP詳細ページ
ICOレーティングについて