仮想通貨イーサリアムのネットワーク使用率が飽和間近、ヴィタリックが改善案

69387980_s.jpg

●ETHのネットワーク使用率が飽和間近

イーサリアム(ETH)のネットワーク使用率が、初めて90%に達した。Bloombergの報道によれば、ステーブルコインのテザー(USDT)がビットコインベースのOMNIネットワークから、供給の一部をイーサリアムブロックチェーンに移行したことも一因にある。

イーサリアムを送金したり、スマートコイントラクトを実装するなどの際にかかる手数料、ガス(GAS)の基準を参照できる「EthGasStation」によると、先週、イーサリアムのオープン・ネットワーク容量のうち、テザーによるスマート・コントラクトは、ブロックチェーンゲーム黎明期の大ヒット作「CryptoKitties」が支払ったコストの17.5倍以上、IDEX(イーサリアムをベースとする分散型取引所)の6倍以上もの割合を占めた。

イーサリアム共同創立者のヴィタリックは、ブロックチェーンへの負担を軽減するために、イーサリアム・コミュニティがTwitterやReddit(掲示板サイト)などのソーシャルメディアを活用して、ガス制限の引き上げを求めるキャンペーンをすべきだと主張している。制限が引き上げられれば、送金手数料が上がることに繋がる。そうすれば、ネットワークは必要以上に利用されないようになると見られる。

なお、ヴィタリックは開発者らが現在レイヤー1と2で高い手数料の問題に取り掛かっており、次期大型アップグレード「イスタンブール」が実装されれば、同じガスの制限でも、より多くの送金を処理することができると説明している。

・ETH相場には現時点で影響見られず

現在イーサリアムは、およそ19,000円(約180ドル)で取引されており、今年の年初最高値(364ドル)から半減している。ビットコインドミナンスなどBTC一辺倒の相場で、ETHやXRPなどメジャーアルトが活気を見せていないことへの懸念も散見される。

しかし著名な仮想通貨アナリストのNik Patel氏は、複数の取引ペアや時間枠で観測した時に、統一した予測が立てづらいものの、ETHが短期的には強気相場へ向かう準備をしている可能性があると語った。

また、仮想通貨業界のコメンテーターであるPatrick McCorry氏も、最近のツイートでイーサリアムの将来性に言及した。

「現在、イーサリアムは2015年にビットコインが置かれていた状況と似た位置にいるように感じられる。」、「価格は大幅に下落したが、新たな開発者は常に参入し続けており、スタートアップ企業の一群も作られている只中だ。」と前向きな意見を述べた。

またcrypto assets(暗号資産)という言葉を産み出したことでも知られるChris Burniske氏も、イーサリアムを2014年から2015年にビットコインが置かれていた状況に比較し、ファンダメンタルズに注目すると、弱気相場にある価格の裏で、イーサリアム・ネットワークの構築は盛んな状態で推移していることを示唆した。

尚、「イーサリアム2.0」のアップグレード時には「シャーディング」という拡張機能が予定されている。「シャーディング」を導入すると、ブロックチェーン上のストレージが分割され、トランザクションの並行処理が可能となるため、取引を処理する能力が大幅向上し、拡張性の問題の解決が見込まれている。

(イメージ写真提供:123RF)

https://coinpost.jp/?p=104903

CoinPostに掲載された記事を、許可を得て転載しています。

ランキングページ
ビットコイン詳細ページ
イーサ詳細ページ
XRP詳細ページ
ICOレーティングについて