ナウノーズがダッシュを統合、アプリ開発者に無料でアクセス提供

100134615_s_DASH.jpg

 当記事執筆時点でコインマーケットキャップ上で15番目に大きな暗号資産であるダッシュ(DASH)が、非常に実りの多かった8月第4週の動きを総括した。

 この報告によると、ナウノーズが自社ネットワークにダッシュを統合したという。ナウノーズは、IPノードやRPCノードへの迅速で効率的なアクセスの提供を目指している。これらのノードは現在、手数料を徴収しない多数のパブリックノードとダッシュのノードを統合している。

 この統合により、ダッシュBCの効率性を生かし新アプリを構築するために、開発者が無料でアクセスできるようになると考えられている。

 また、Sノードが新たにダッシュ・マスターノードのホスティングへの対応を発表し、ダッシュ・マスターノードの実装が加速した。この統合により、ダッシュ・マスターノードの共有サービスが改善され、当記事執筆時点では全マスターノードの1.18%、58ノード超を占めている。

 仮想通貨支持派のアンドレアス・アントノプロス氏は22日、ダッシュのチェーンロックは「51%攻撃を防ぐ賢明な方法である」とし、次のように述べた。

 「PoW(プルーフ・オブ・ワーク)とPoS(プルーフ・オブ・ステーク)を掛け合わせた新たな興味深い手法だ。これはそのチェーン上での51%攻撃を極めて困難にする」。

 マスターノードのステーキング費用を織り込むため、チェーンロックがPoSe(プルーフ・オブ・サービス)というアルゴリズムを利用していることは有名だ。これにより、ダッシュ・ネットワークで51%攻撃を行うには莫大な費用がかかる。

 当記事執筆時点で、ダッシュは直近24時間で1.86%安の1DASH=90.56ドルで取引されている。時価総額は引き続き10億ドルを割り込み、8億1521万ドルとなっている。

(イメージ写真提供:123RF)

https://eng.ambcrypto.com/nownodes-integrates-dash-to-offer-developers-free-access-to-create-new-applications/

This story originally appeared on AMB CRYPTO.

ランキングページ
ビットコイン詳細ページ
イーサ詳細ページ
XRP詳細ページ
ICOレーティングについて