韓国の複数交換所、取扱い仮想通貨の削除準備か

91291699_s.jpg

 韓国の大手交換所が、取り扱い通貨の削減を検討している。同国の「4大」交換所で大量の通貨が取扱い中止となる可能性がある。

 Fnニュースの報道によると、アップビットはスフィア(SPHR)、エッジレス(EDG)、グッピー(GUP)を取扱い中止とする予定で、顧客は保有しているこれら3通貨を9月19日までに出金しなければならない。

 同報道機関によると、アップビットは「技術サポートの改善」に迅速に対応しなかったり、取引高の少ない通貨は取扱いリストから削除される対象になると述べたという。

 一方、コービットは8月末までに取扱いリストからの削除ポリシーを更新する予定だ。同交換所によると、通貨の運営者が詐欺やその他の犯罪行為に関与していたと分かった場合は取扱いリストからの削除を検討するという。

 同交換所は、取扱い中止に繋がる可能性がある他の要因として、透明性に関する問題や取引高の少なさも考慮すると述べた。コービットは、新設の内部委員会が取扱いリストからの削除を審査すると述べた。

 コインワンも取扱いリストからの削除調査を開始する予定だ。審査の際には、トークンの法令順守と技術力、そして市場や個人に関する問題を専門家が検査する。

 コインワンは、上述の要素について基準を下回ると判断したトークンの運営者には警告を出すと述べた。そのトークンの運営者が必要な改善を行わなかった場合は、取扱いリストから削除となる。

 聯合ニュースは、ビッサムが22日に同様の計画を発表したと報じた。同交換所は独自の取り扱いリストからの削除を検討する委員会を設置する予定だ。同委員会は業績の悪いトークンの発行者に対し、2カ月後の取り扱い中止を警告する。ビッサムは、低い取引高、小さな時価総額、不十分な技術サポート、規制上の問題、犯罪行為、その他技術関連の問題が基準に抵触する可能性があると述べた。

 Fnニュースは匿名の交換所関係者の話として、「4大」交換所は自社の交換所としての競争力を反映する競争力の高い仮想通貨のみを取り扱いたいと考えていると報じた。この関係者は、日本の規制当局である金融庁が国内の交換所を規制しているように、韓国の交換所も「信頼できる仮想通貨のみが透明性と安全性の下で取引されるようにするため」に取り扱い通貨を規制すべきだと付け加えた。

(イメージ写真提供:123RF)

https://cryptonews.com/news/are-south-korean-exchanges-preparing-a-delistings-purge-4515.htm

This story originally appeared on cryptonews.com.

ランキングページ
ビットコイン詳細ページ
イーサ詳細ページ
XRP詳細ページ
ICOレーティングについて