米国とスイスの規制当局が「複雑な」リブラ問題を議論

126229080_s.jpg

 米下院金融サービス委員会の6人のメンバーが今週スイスを訪問し、フェイスブックのリブラと「その他の仮想通貨プロジェクト」に関して話し合いを行う。

 このメンバーは今週末にスイスの規制当局と会う予定であり、議員がリブラ・プロジェクトのリスクを評価している間はリブラの開発を中止するようフェイスブックに対して強く求めているマクシーン・ウォーターズ氏によって率いられる。

 金融サービス委員会は以前、フェイスブックが最も仮想通貨に友好的な国の1つであるスイスからリブラを運営することを計画している事実に懸念を示していた。

 ニュースメディアのNZZの報道によれば、金融サービス委員会のメンバーはスイスの連邦データ保護情報コミッショナーであるアドリアン・ロブシガー氏と話し合いを行う。ロブシガー氏はスイスのデータ保護政策を率いており、国及び民間の問題に関して権限を有している。

 NZZの報道によれば、ロブシガー氏のオフィスは予定されている訪問を認め、以下のように述べている。

 「フェイスブックのリブラ・プロジェクトと他の企業のプロジェクトを中心に話し合う予定だ」

 ロブシガー氏はフェイスブックに対してリブラに関するさらなる詳細な情報を求めており、同社から返答を待っている状態である。

 金融サービス委員会はリブラへの批判の際に繰り返しフェイスブックの個人情報の扱いを問題にしており、リブラが重要なユーザー情報を危機にさらすのではないかと心配しているようだ。

 ウォーターズ氏と他の委員会メンバーはスイスの議会があるブンデスハウスにも訪れる予定である。

 スイス米国議会連盟を率いるクリスタ・マークワルダー氏は以下のように述べている。

 「今回の話し合いは私達が米国の議員と仮想通貨に関する意見を共有する機会を提供する。複雑な題材であり、お互いから学ぶことが多くある」

(イメージ写真提供:123RF)

https://cryptonews.com/news/us-and-swiss-regulators-to-talk-complicated-libra-subject-th-4468.htm

This story originally appeared on cryptonews.com.

ランキングページ
ビットコイン詳細ページ
イーサ詳細ページ
XRP詳細ページ
ICOレーティングについて