<今日の仮想通貨市況>バイナンス、独自地域版仮想通貨「ヴィーナス」計画を発表

107890561_s.jpg
 20日午前9時45分現在の主要仮想通貨は、ビットコイン(BTC)が1BTC=116万2897円(過去24時間比5.91%高)、イーサリアム(ETH)が1ETH=2万1522円(同4.77%高)、XRP(XRP)が1XRP=29.9円(同0.15%高)など買い優勢となっている。

 19日、楽天<4755.T>傘下の暗号資産(仮想通貨)交換業である楽天ウォレットがBTC、ETH、ビットコインキャッシュ(BCH)の現物取引を開始したと発表したことや、世界最大級の仮想通貨取引所のバイナンスが独自の地域版仮想通貨「ヴィーナス」を発行する計画を明らかにしたことなどが相場を押し上げているようだ。「ヴィーナス」はフェイスブックが中心となり発行を計画している仮想通貨「リブラ」に類似した通貨で、各国の法定通貨にペッグ(連動)する地域のステーブルコインを目指すものになるという。

 なお、「ヴィーナス」計画発表を受け、バイナンスコイン(BNB)は値を上げ、過去24時間比で3.23%高となっている。

 このほか、仮想通貨取引所ビットフィネックスがニューヨークでの営業を巡ってニューヨーク司法当局(NYAG)と争っていたテザー裁判で、ニューヨーク州最高裁が、NYAGの管轄権を認め、調査を継続することを許可したと伝わったことが話題となっている。

(イメージ写真提供:123RF)

ランキングページ
ビットコイン詳細ページ
イーサ詳細ページ
XRP詳細ページ
ICOレーティングについて