英国の10代、犯罪行為で40万ドル超のビットコイン稼ぐ

58897889_s.jpg

 暗号通貨には一定の魅力がある。技術を知らない人は仮想通貨の流れを追跡できないと主張する。しかし、現実の世界では違う。ビットコイン(BTC)イーサリアム(ETH)、すべてのアルトコインは多くの労力を必要せずに追跡が可能だ。実際に、多くの犯罪者が逮捕されている。

 英国東部のノリッジでは、19歳のエリオット・ガントンがハッキング犯罪で有罪判決を受け、20カ月の懲役と40万ポンドの罰金支払いを命じられた。これは、ビットコイン(BTC)などの暗号通貨を使った個人データのハッキングと流出で得られた金額という。

 警察は18年にガントンのノートパソコンを押収。犯罪に使われたソフトを確認した。また、内容を徹底的に調べた結果、ガントンが自身の犯罪サービスを宣伝していることも判明した。ハッキングの場合、1件ごとに3000ドル相当のビットコインを請求。支払方法は匿名性が認識されているため、彼にとっては有利と思われていた。

 ガントンは自身の活動を隠ぺいしようと努めていたが、最終的につながりが見つかった。クライアントとの会話の内容が彼のパソコンの中に残っていた。また、ビットコイン取引についても徹底的に調査。最終的に27万5000ポンド相当のビットコインがガントンのウォレットアドレスで見つかった。現在、そのビットコインは押収され、清算される予定。

 こうしたニュースは、仮想通貨を犯罪者にとってより魅力的なものにする。捕まるリスクが犯罪により得られる資金を上回るとは限らない。また、取引を知っているハッカーに金銭を支払っても構わないと思っていることも示している。ガントンがサービスを提供したクライアントの属性は現時点で不明だ。また、彼が単独で動いていたかどうかも公式な発表はない。

(イメージ写真提供:123RF)

https://nulltx.com/british-teen-earned-over-400000-in-bitcoin-through-criminal-activity/

This story originally appeared on NULLTX.

ランキングページ
ビットコイン詳細ページ
イーサ詳細ページ
XRP詳細ページ
ICOレーティングについて