チャーリー・リー氏、ジェネシス・キーでの署名がサトシ・ナカモトを証明する唯一の方法と

18704500_s.jpg

 長年ビットコインは(BTC)は何度もツイッター上で仮想通貨コミュニティの注目を集めており、ビットコインがいつもトレンドであったが、ビットコインの創業者の正体は謎に包まれている。

 最近、仮想通貨コミュニティはまたも「真のサトシ・ナカモト」と主張する新たな人物に注目している。このニュースは自称サトシ・ナカモトが98万ビットコインを所有していると主張した後にツイッター上で一気に広まった。ビットコインの始まりから、多くの人が真のサトシ・ナカモトであると主張している。今回、BC(ブロックチェーン)企業であるサトシ・ナカモト・ルネッサンス・ホールディングスは10年間匿名でいた「真の」サトシ・ナカモトがついに沈黙を破ると述べている。

 誰かがサトシ・ナカモトであると名乗り出たのは今回が初めてではないため、多くの人がどのようにしてそのような「主張」が証明できるのか考えている。

 ライトコイン(LTC)のチャーリー・リー氏はツイッター上で自身の意見を述べている。

 「サトシ・ナカモトは世界にオープンソースで、分散的で、信用を必要とせず、検閲に対抗できる、数学と暗号に基づいた通貨をもたらした。もしサトシが自身の正体を明かしたいのなら、彼はメッセージをジェネシス(最初の)キーで署名するだろう。それをしない場合、主張は恐らく嘘だろう」。

 多くはジェネシスブロックへの秘密鍵でメッセージに署名することがサトシ・ナカモトの真の正体を証明する唯一の方法であるというチャーリー・リー氏の主張を支持している。

(イメージ写真提供:123RF)

https://eng.ambcrypto.com/litecoins-charlie-lee-says-signing-a-message-with-genesis-key-is-the-only-way-to-authenticate-nakamotos-true-identity/

This story originally appeared on AMB CRYPTO.

ランキングページ
ビットコイン詳細ページ
イーサ詳細ページ
XRP詳細ページ
ICOレーティングについて