ビットコインとアルトコイン、下落がさらなる下落を呼ぶ可能性

94123931_s.jpg

ビットコイン(BTC)価格は下落し10000ドルを下回っている
・イーサリアムとXRPの価格は10%以上下落し、200ドルと0.28ドルを下回っている
・15日、ビットコインゴールド(BTG)とバイトム(BTM)、ウォルトンチェーン(WTC)は20%近く下落している

 12日週、ビットコイン価格は11200ドルと11000ドルのサポート水準を下回っていった。14日、10500ドルのサポート水準も下回り、ベア相場の継続について議論した。ついに、10000ドルのサポート水準を割り、イーサリアム(ETH)やXRP(XRP)、ライトコイン(LTC)、イオス(EOS)、ステラ(XLM)、バイナンスコイン(BNB)を含むアルトコインも主要なサポート水準を割った。イーサリアムは10%以上下落し、200ドルと190ドルを下回った。また、XRPも0.285ドルと0.270ドルのサポート水準を割るまで下落した。

●ビットコイン価格

 過去3回のセッションでは、ビットコイン価格は強力な上昇局面だった。ビットコインは10200ドルと10000ドルのサポート水準を割り、さらにベア相場が続く気配がある。9800ドルのサポート水準も割り、9500ドル付近で取引されていた。日本時間15日17:10現在では、次の抵抗線9850ドルに近い、9720ドル付近で取引されている。しかし、主要な抵抗線は10000ドルと10150ドルであり、これらを超えるときちんとリカバリーが開始したことになる。

●イーサリアム価格

 イーサリアム価格は200ドルのサポート水準を下回り10%以上下落した。イーサリアムは190ドルのサポート水準すら下回り、184ドルをサポートできるかどうかを試されている状況だ。

 現在、イーサリアムはリカバリーするようもがいており、192ドルと196ドルの重要な抵抗線に近づいている。主要な抵抗線は200ドルであり、この水準を超えるとブル相場が戻ってくる可能性がある。一方、180ドルのサポート水準を割ると、次は175ドルのサポート水準が見えてくる。

ビットコインキャッシュ(BCH)、イオス、XRP価格

 ビットコインキャッシュは350ドルの抵抗線を超えられるか、もがいていた。BCHは340ドルと330ドルのサポート水準を割った。次の主要なサポート水準は300ドルで、そこを下回ると次は285ドルのサポート水準が見えてくる。

 イオスは4ドルのサポート水準を下回り下落を続けた。価格は14%下落し、現在3.5ドル近い水準で取引されている。もし3.5ドルを下回ると、次は3.25ドルや3.2ドルのサポート水準が見えてくる。

 XRP価格は主要なアルトコインの中で最も悪いパフォーマンスだ。XRPは0.285ドルと0.27ドルのサポート水準を下回った。次に、0.26ドルと0.252ドルのサポート水準を下回るリスクがある。

●他のアルトコイン市場

 過去3回のセッションでは、BTGやBTM、WTC、トロン(TRX)、スチーム(STEEM)、GXチェーン(GXS)、オミセゴー(OMG)、ハイパーキャッシュ(HC)、オーデム(ODE)、エラストス(ELA)、オントロジー(ONT)、エターニティ(AE)を含む多くの小規模なアルトコインが15%以上下落した。BTGは20%下落し、BTMは19%近く下落した。

 全体的に、ビットコイン価格は重要なサポート水準である10000ドルを下回る水準で取引され、より大きく下落することになるかもしれない。そのため、次のセッションでは、ビットコインとアルトコインがさらに下落している可能性がある。

(イメージ写真提供:123RF)

https://cryptonews.com/news/bitcoin-and-altcoins-breakdown-could-trigger-additional-loss-4450.htm

This story originally appeared on cryptonews.com.

ランキングページ
ビットコイン詳細ページ
イーサ詳細ページ
XRP詳細ページ
ICOレーティングについて