<今日の仮想通貨市況>全面安、一段の景気後退入り意識で逃避資金の受け皿にならず

38885784_s.jpg
 15日午前9時50分現在の主要仮想通貨は、ビットコイン(BTC)が1BTC=107万5477円(過去24時間比6.66%安)、イーサリアム(ETH)が1ETH=2万48円(同9.63%安)、XRP(XRP)が1XRP=28.4円(同9.98%安)などほぼ全面安となっている。

 14日、米債券市場で10年債利回りが2年債利回りを下回る「逆イールド」が発生。逆イールドは景気後退入りのシグナルとされていることから、米株式をはじめリスク資産全般が売られた。BTCなどの仮想通貨は昨今、金などと同様に金利動向の影響を受けないことから金利低下局面では逃避資金の受け皿となってきたが、逆イールドを受け景気後退入りが一段と意識されるこの局面では、伝統的な安全資産である金に逃避資金が集中しているようだ。

(イメージ写真提供:123RF)

ランキングページ
ビットコイン詳細ページ
イーサ詳細ページ
XRP詳細ページ
ICOレーティングについて