インドのRIL、12カ月以内に国内のBCネットワーク整備を計画

93102250_s.jpg

 インドのリライアンス・インダストリーズ(RIL)のムケシュ・アンバニCEO(最高経営責任者)が、インドにBC(ブロックチェーン)ネットワークを導入すると発表した。同氏の発言は以下の通り。

 「リライアンス・ジオは今後12カ月以内に世界有数の規模のBCネットワークを立ち上げる。このネットワークでは初日から数万個のノードが稼働する予定だ」。

 同氏はマイクロソフトとの提携も発表した。この提携は、「インドのデジタルトランスフォーメーション」のために、アジュールのエッジ処理をRILのデータセンターに導入することを目指している。

 仮想通貨交換所のCEOであるニシャル・シェティ氏による以下のツイートを通じ、仮想通貨コミュニティにこの情報が伝わった。

 「アジア最大の富豪、インドで最も利益を上げている企業であるRILが、たった今BCへの参入を発表した。RILは何千個ものBCノードを稼働させる予定だ。パブリックBCの動作には仮想通貨が必要だ。インドの仮想通貨分野は今まさに大きく勢いづいた」。

 この提携は、既存の政府当局による仮想通貨禁止の考えに脅かされているインドの仮想通貨愛好家にとって嬉しい驚きだ。RILが複数の大規模プロジェクトを成功に導いてきたことを考慮すると、世界有数の規模のBCネットワークを作り出すという同社の取り組みを疑う者はほとんどいない。

 同社はさらに、全国に配置されたノードを通じ接続される無料のギガファイバー・サービス構築という野心的目標も発表した。

(イメージ写真提供:123RF)

https://eng.ambcrypto.com/reliance-to-install-blockchain-network-across-india-in-the-next-12-months/

This story originally appeared on AMB CRYPTO.

ランキングページ
ビットコイン詳細ページ
イーサ詳細ページ
XRP詳細ページ
ICOレーティングについて