ビットコイン上昇、アルトコインは遅れとる

95244588_s.jpg

 仮想通貨の世界では、ビットコインの価値にいつも注目が集まる。良くも悪くも、ビットコインは他のマーケットをリードする。今週良いスタートを切り、価格は再び急上昇したようだ。他のマーケットは追随しているように見えるが、にも関わらずアルトコインの季節が来たような兆しはない。

●ビットコインは強く前に進む

 ビットコイン価格は規則性をもって上昇する時がある。前回の上昇時は11000ドル近くに上昇した直後に9500ドルまで数日で下落した。見えていない要素が多くあり、今回は違う結果になるのかどうか分からない。直近で11700ドルまで押し上げられたのは微かな光ではあるが、長くはそのトレンドが続かないようだ。

 ビットコイン価格は過去7日間で23%上昇した。これ自体は最近のトレンドが長続きしているようだが、大抵の場合、実際には異なる結果となる。5日、8.2%上昇して再び値上がりするように見えている。現在の状況を踏まえた可能性として、19年の最高値となるかもしれない。

●ビットコイン・ドミナンス指数は再び上昇

 もう一つの兆しとして、ビットコイン・ドミナンス指数が再び上昇していることが挙げられる。数カ月前には66%まで強く押し上げられ、68%にも達そうとしている。アルトコイン投機家にとってはこれはいい兆しではない。ライトコインは半減期を迎えたにも関わらず、100ドルを一時的に超えた後はそのモメンタムを継続することに失敗した。お金はアルトコインからビットコインに流れているようだ。

●ほとんどのマーケットは上昇を続けようともがいている

 アルトコインにかける人たちは1週間の価格変動を見て失望するだろう。トップ15のアルトコインでは、ビットコインを超える上昇を見せたコインが一つもなかった。トップ45のアルトコインでは、Tezosだけがビットコインを超える上昇を見せた。遅かれ早かれ、マーケットは弱気相場になるだろう。実際に、いくつかのマーケットは弱気相場となっている。

(イメージ写真提供:123RF)

https://nulltx.com/bitcoin-price-surge-only-delays-altcoin-season-even-further/

This story originally appeared on NULLTX.

ランキングページ
ビットコイン詳細ページ
イーサ詳細ページ
XRP詳細ページ
ICOレーティングについて