マスターカード、仮想通貨プロジェクトに向けた新たな求人を出す

78041913_s_MasterCard.jpg

 仮想通貨とその基礎技術への直接的な抵抗とは裏腹に、大手銀行は差別化のために類似したサービスを取り入れ始めている。多国籍金融サービス企業であるマスターカードは、決済とウォレットに重点を置いた仮想通貨に関する取り組みを指揮する、3つの上級職の求人を公開した。

 公式の投稿によると、マスターカードは「製品開発及びイノベーション - BC(ブロックチェーン)ソリューション立案」と「製品管理 - 仮想通貨/ウォレット」に関する2つの幹部職を補充しようとしている。同社はさらに「製品管理 - BC/仮想通貨」部門のVP(バイス・プレジデント)も任命するつもりだ。大変興味深いことに、上述の役職の職務内容は以下のように説明されている。

 「(応募者は)決済と仮想通貨に関する自身の専門性を活かして新たな機会を見いだし、新しい製品とソリューションを開発するためにフランチャイズ、コンプライアンス、規制、製品、ラボ、地域、テクノロジーからなる部門横断的チームと協力することになる」。

 さらに、この職務要件では「仮想通貨ウォレット製品の管理経験」の必要性も強調されている。マスターカードはすでに、立ち上げ前のフェイスブックのBCプロジェクトであるリブラの一員となったことで仮想通貨コミュニティから注目を集めている。

 マスターカードの経営陣は自社の戦略を定めるために、仮想通貨の市場動向と最新の技術開発を監視する責任を負うことになる。同社がBCエンジニアとBCの知識を持ったアナリストの採用に力を入れていることにも注目すべきだ。

 強力な企業体制と国際的プレゼンスを持つマスターカードは、自社ウォレット立ち上げのための開発、立案、プロジェクト管理に取り組んでいる。国際取引の覇者となるための競争が激化する中、マスターカードは新たな決済ネットワークを試験することで自社の立ち位置を保とうとしているようだ。

(イメージ写真提供:123RF)

https://eng.ambcrypto.com/mastercards-new-job-openings-points-towards-its-cryptocurrency-projects/

This story originally appeared on AMB CRYPTO.

ランキングページ
ビットコイン詳細ページ
イーサ詳細ページ
XRP詳細ページ
ICOレーティングについて