「世界の中銀がビットコインを購入する」 米投資会社CEOが中銀の金購入ペース加速を受け発言

95507113_s.jpg

●米投資会社CEOが発言
米仮想通貨投資会社モルガン・クリーク・デジタル社CEOのAnthony Pompliano氏(以下、ポンプリアーノ氏と表記)は、米ドルに対するリスクヘッジのために、世界の中央銀行がビットコイン買いに走るだろうとツイートし、賛否両論含め、大きな反響を呼んでいる。

外貨準備にビットコインが入るといった見解だ。

"中央銀行は今年の前半6か月で150億ドル(約1兆6100億円)以上の金を購入。彼らは米ドルに対するリスクをヘッジしようとしている。

ビットコインの無相関性、非対称性という側面に彼らが気づくのを待ってみよう。すべての中央銀行がビットコインを購入するだろう。"

金の国際調査機関であるワールド・ゴールド・カウンシル(WGC)は8月1日、2019年上半期に世界の中央銀行が購入した金の総量が、調査以来、過去最高のペースの374トンとなったことを発表した。

これは、中央銀行等の公的機関による購入では、金・ドル兌換制度が廃止された1971年以降で最高となった昨年のペースを上回る加速度だという。

The Financial Timesの報道によると、世界的な貿易摩擦が高まる中、米ドルからの準備金の分散化を図る目的で、各国中央銀行は金の購入を行ったと分析している。

ポンプリアーノ氏は、この側面を指摘し、伝統的な資産と関係性の低い価値の貯蔵手段として、ビットコインが中央銀行により注目されるだろうと予測している。

・金対ビットコイン
ポンプリアーノ氏は、このツイートの前日、金投資家でビットコイン懐疑論者のPeter Schiff氏と約1時間にわたる「金対ビットコイン」討論を行っている。

Schiff氏は、ビットコインが10ドルだった時に投資しなかったことを後悔していると次のように述べた。

"「私は、そのチャンスがあった時、もしあの時に(ビットコインを)買っていたら、今では億万長者だったのにと、自分自身を責めている。」"

しかし「当時、判断を誤ったからといって、今からビットコインを買って過ちを悪化させるつもりはない」と、ビットコインに対する態度は決して改めないことを強調。「取引は完了した」と述べた。

また、ビットコインは本質的な価値を持っておらず、価値交換の媒体としてはあまりにも不安定であり、バブルであり、宗教化していると、従来の批判を繰り返した。

それに対し、ポンプリアーノ氏は、金とビットコインの両方を投資ポーロフォリオに含むことは矛盾しないと次のように、冷静に反論した。

"「私は必ずしも金に反対しているわけではなく、金がポートフォリオに存在する役割があると思う。 しかし、だからと言って、ビットコインは全くダメで金だ、と言うのは少々近視眼的だと思う。」"

討論は、3000年という長い間、価値の保存手段として信頼されてきた金と、誕生して10年という短期間のデータでしか判断できないビットコインの投資価値やリスクが対比が行われた。

ビットコインのピークは2017年の2万ドルで、これからは下がる一方だろうと述べるSchiff氏に対し、ポンプリアーノ氏は、最後に次のような論法を展開した。

Schiff氏が持論に100%自信を持っているのなら、 ビットコインが価値を持ち、新しいテクノロジー、そして新しい潮流である可能性は0%の確率になる。

"しかし、Schiff氏が1%でも間違っている可能性があるなら、ビットコインが非対称的な資産であることを考慮すると、この事実を知っていながら、このような批判を繰り返し、チャンスを逃し、インターネット上で非難され、(Schiff氏自身が)永久に自分を責めることになる確率は高いだろう。"

最終的に、この討論は平行線で終わり、Schiff氏がビットコインの価値を認めることはなかった。

(イメージ写真提供:123RF)

https://coinpost.jp/?p=99548&from=tag

CoinPostに掲載された記事を、許可を得て転載しています。

ランキングページ
ビットコイン詳細ページ
イーサ詳細ページ
XRP詳細ページ
ICOレーティングについて