BC基盤の航空チケット支払い、7月で100万ドル超える

61026900_s_boeing737.jpg

 ロシアの航空会社大手S7エアラインは、ブロックチェーン(BC)を基盤にした航空券プラットフォームが19年7月の1カ月で100万ドル以上を処理したと発表した。

 S7はさらに今後BCを導入する領域を拡大していく予定で、19年末までにオンラインエージェントを立ち上げると述べた。また同社は、同プラットフォームで行われる業務は毎月どんどん増加しており、19年のはじめと比べると10倍ほどになっているとした。

 プレスリリースにおいて、BC技術は航空エージェントが航空会社と直接取引をすることを容易にしていると述べている。

 S7はロシアの銀行であるアルファバンクと共同で開発した、イーサリアムをベースにしたHyperledger Fabricを使用している。1年以上前にすでにBCプラットフォーム上で航空券の販売をはじめていた。

 同社のプラットフォームはチケットの予約システムとロシアの銀行システムを結びつけており、決済プロセス、書類での業務削減、24時間体制の販売サービスを可能にしている。

 またS7は、ロシアで初めてスマートコントラクトを使用して航空機の給油を行っていると述べている。アルファバンクや石油業大手のガスプロムの航空分野を担当するガスプロムネフトアエロと共同している。

 BC技術を使用することにより、サプライヤーと航空会社間で行われる、支払いや報告書の送信などの業務がわずか60秒で完了するとしている。

 「我々がS7と行ったプロジェクトが良い結果を残していることにより、BCは価値を生み出し、B2B市場においてかなりの影響力を持っている。エージェントは担保やデポジットをする必要はなくなり、トランザクションのコストを削減したり24時間体制で決済を行うことができるようになった。外部との取引における会計や様々な部門における書類業務などにおいてスマートコントラクトが持つ可能性には素晴らしいものがある」とアルファバンクのトランザクションビジネスのディレクターであるパベル・リャザノフ氏は述べている。

 他にも、ヨーロッパ大手の低価格キャリアであるノルウェージャンエアエアは、顧客がビットコイン(BTC)などの仮想通貨でチケット代金の支払いをすることを可能にすることを発表している。

(イメージ写真提供:123RF)

https://cryptonews.com/news/this-airline-says-blockchain-ticketing-sales-hit-usd-1m-in-j-4360.htm

This story originally appeared on cryptonews.com.

ランキングページ
ビットコイン詳細ページ
イーサ詳細ページ
XRP詳細ページ
ICOレーティングについて