リップルがUBRIプログラムを日本に拡大、14カ国33大学支援

tokyouniversity_92854676_s.jpg

 リップルは7月29日、UBRI(大学ブロックチェーン研究イニシアチブ)の国際的展開を日本に拡大し、京都大学と東京大学を含む新たなパートナーを得たと発表した。この国際的イニシアチブは現在、BC(ブロックチェーン)、暗号資産、デジタル決済の学術研究、技術開発、イノベーションをさらに加速させるために33校の提携大学を支援している。

 リップルは既に、この新たなパートナーの教員、学部生、大学院生、博士研究員との部門横断的な共同研究と学術活動を見込んでいる。例えば京都大学大学院総合生存学館では、地球規模の問題に対処するために工学、ビジネス、公共政策を含む学際的アプローチに基づいて研究プロジェクトへの出資やワークショップが行われている。現在は数名の大学院生が、移民労働者による送金、難民のデジタルID管理、京都の伝統産業におけるサプライチェーンの管理への、BCの応用を研究している。東京大学経済学部では、BCや決済関連の公開講座を一般向けに準備している。さらに、同学部の教授らは、進化する金融システムや規制体制、金融業界による暗号資産とBC利用の監督といった関連トピックについての研究プロジェクトを行っている。次世代のイノベーター育成への取り組みの一環として、東京大学は研究に参加した学生に奨学金も出している。

 リップルでグローバル・オペレーション担当のSVP(シニア・バイス・プレジデント)を務めるエリック・バン・ミルテンバーグ氏は、「提携大学は引き続き、BC技術が様々な業界に及ぼす革新的影響への前向きな認識を深めていくだろう。業界が成熟する中、BC技術やデジタル資産を活用する革新的な企業や起業家のための環境整備に学会は重要な役割を果たしている」「世界にまたがるUBRIネットワークを幅広い提携大学に拡大することで、BC技術とユースケースの開発は引き続き促進され、加速するだろう」と述べた。

 提携大学が推進するこれらのプログラムは、次世代のエンジニア、ビジネスリーダー、起業家、その他の専門家がこれらの技術を実務に応用するための準備を整えている。グローバル化が進むにつれ、特に日本のような中核となる重点地域において、世界で最も困難な金融問題を解決するための技術的ソリューションや人材の需要が高まっている。

 リップルでグローバル・オペレーション担当のシニア・ディレクターを務める吉川絵美氏は、「日本は急速に暗号資産とBCのけん引役になりつつある。日本は常に進歩的な考えを持ち、現行の金融システムの改善方法を模索している」「BCと仮想通貨関連のトピックについて、学界からは強い関心が寄せられている。リップルは、BC、分散コンピューティング、銀行業務、フィンテックといった分野で、将来の戦力の一端を担う学生を引き込み、刺激することに注力している」と述べた。

 UBRIは、研究、カリキュラム開発、カンファレンス、イベント、奨学金を支援するため、世界のトップ大学と提携している。各提携大学は独自の研究トピックや重点領域を定めている。リップルは資金援助に加え、必要に応じた専門知識と技術的リソースの提供による大学との提携に注力している。

 リップルのUBRIとそのパートナーについての詳しい情報については、https://ubri.ripple.com/を見てほしい。

(イメージ写真提供:123RF)

https://www.ripple.com/insights/ripple-expands-ubri-program-to-japan/

This story originally appeared on Ripple Insights.

ランキングページ
ビットコイン詳細ページ
イーサ詳細ページ
XRP詳細ページ
ICOレーティングについて