英銀の仮想通貨取引サービス開始に興奮すべき4つの理由

96043370_s.jpg

 今日では、様々な方法でビットコイン(BTC)や他の仮想通貨を入手できる。この点に関してやるべきことはまだ沢山あるが、利便性が重要な役割を果たすことが多い。英国に本社を置くチャレンジャーバンクのレボリュートは、近日中に顧客が仮想通貨に触れる機会を増やそうとしている。今後どうなるか正確には分からないが、これは業界にとってかなり重要だ。

●レボリュートと仮想通貨

 レボリュートがかなり長きにわたり仮想通貨の統合に取り組んできたことは、よく知られている。より伝統的な機関は今のところビットコインやアルトコインに好意的ではないので、チャレンジャーバンクがこの選択肢を検討していることは興味深い。とはいえ、レボリュートはこの点において伝統的な銀行とは全く異なる存在であり、それが最近同社に人気が出ている理由でもある。

 同社は全ての完全な統合にかなりの時間を費やしてきたが、近日中に仮想通貨取引への対応を開始するようだ。これにより、ユーザーは同社のサービスを通じ、数十種類の法定通貨をビットコインやアルトコインに両替できるようになる。そのため、新たなユーザーがこの業界に流入する可能性があるが、この点がどう展開するかはまだ分からない。仮想通貨はまだニッチな市場であり、レボリュートも比較的ニッチな銀行サービス提供会社だ。

●5種類の仮想通貨に対応

 レボリュートの発表には大いに興奮させられるが、初期段階では機能がかなり制限されることを留意する必要がある。同社のウェブサイトによると、まずは5種類の仮想通貨のみに対応する予定だという。対象となるのはビットコイン、ビットコインキャッシュ(BCH)、ライトコイン(LTC)、イーサリアム(ETH)、XRP(XRP)だ。これらは何らかの形で保護される可能性があるが、非常に興味深い品揃えだ。現時点では、今後他の仮想通貨に対応するのか、それがいつになるのかはまだ明らかではない。

●即時両替が魅力

 仮想通貨交換所と取引プラットフォームはやや利用しづらいことがあるが、レボリュートは全く異なるやり方をしたいと考えている。同社は、ユーザーに長い手続きを行わせて電信送金に依存するのではなく、5種類の対応仮想通貨に即座にアクセスできるようにすると主張している。同社がどのようにビットコインとアルトコインを入手するのかに多少不明な点があるが、アプリのユーザーにとってこれは必ずしも大した問題ではないかもしれない。

●他の機能も便利

 予想通り、レボリュートは他のいくつかの機能も提供したいと考えている。同社はリアルタイムのレートと、多くの人々が喜ぶであろう価格アラートを提供する予定だ。仮想通貨は未だかなり不安定なので、便利な価格アラートがあれば特定の目標価格になるたびに素早く利益を出せる可能性がある。さらに重要なことに、アプリのユーザーは仮想通貨を他のユーザーに無料で遅延なく送金できるようになる。特に最近ビットコインとイーサリアムで手数料がどれほど高騰しているかを考慮すると、興味深いサービスだ。

(イメージ写真提供:123RF)

https://nulltx.com/4-reasons-to-be-excited-about-revolut-rolling-out-cryptocurrency-exchange-support/

This story originally appeared on NULLTX.

ランキングページ
ビットコイン詳細ページ
イーサ詳細ページ
XRP詳細ページ
ICOレーティングについて