ビットフィネックス、トロン版テザーの入出金サポートを発表

113809129_s.jpg

 ビットフィネックスがまた話題になっている。今回は長引いている法廷闘争が理由ではない。ビットフィネックスの最新発表によると、苦境に陥っている同交換所は、トロン(TRX)版テザー(USDT)の入出金に対応するという。

 ニューヨーク州最高裁判事のジョエル・M・コーヘン氏が、ニューヨーク州検事総長によるビットフィネックスとテザーに対する訴えについての判断を先送りにし延期を認めた直後に、この動きが公表された。判決の延期(と同時にビットフィネックスとテザーが通常業務を再開できるようになったこと)を受け、ビットフィネックスは次のようなツイートでこの新たな動きを発表した。

 「ビットフィネックスは、トロン版テザーの入出金への完全対応を開始した。19年3月に発表されたTRC20準拠のテザーは、トロン・ネットワーク上での法定通貨連動トークンの移動を円滑化する」。

 トロン版のテザーにビットフィネックスが対応したことは、同交換所にとって「単なる追加に過ぎない」と思えるかもしれないが、ビットフィネックスはテザーを利用し8億ドル超の損失を埋め合わせた罪に問われているので、投機家はこのニュースを懐疑的に受け止めている。ビットフィネックスが米国の顧客には対応していないことは留意しなければならない。

 公式ブログの発表では、テザー取引のKYC(本人確認)要件を強調しつつ、長続きする企業の友好関係を示唆しているようだ。このブログでは続けて次のように述べられている。

 「安定した法定通貨連動のBC(ブロックチェーン)資産の作成を通じ、テザーはデジタル通貨分野においてトレーダーの間で最も人気のあるステーブルコインへと急速に発展した」。

(イメージ写真提供:123RF)

https://eng.ambcrypto.com/bitfinex-announces-support-for-tron-based-usdt-deposits-withdrawals/

This story originally appeared on AMB CRYPTO.

ランキングページ
ビットコイン詳細ページ
イーサ詳細ページ
XRP詳細ページ
ICOレーティングについて