<今日の仮想通貨市況>テザー裁判、90日間の判断延期に

91818173_s_Tether.jpg
 30日午前10時10分現在の主要仮想通貨は、ビットコイン(BTC)が1BTC=103万8328円(過去24時間比0.19%高)、イーサリアム(ETH)が1ETH=2万2897円(同0.19%高)、XRP(XRP)が1XRP=33.8円(同0.15%安)など小動きとなっている。

 29日は、相場を大きく動かす材料が見当たらなかったが、仮想通貨取引所大手のビットフィネックス、テザー(USDT)発行体のテザー社の親会社であるiFinex社と米ニューヨーク州検事長事務局(NYAG)との裁判(テザー裁判)に注目が集まっていた。この日ニューヨーク州最高裁判所は、今回の聴取内容をもって結論には至らなかったことから90日間の判断延長を決めた。

 NYAGは4月、ビットフィネックスが顧客資産の損失をドルとの等価交換性を持つテザーで埋め合わせていたとNY州最高裁に申し立て、iFinex社側に関連書類の提出、立ち入り調査の執行を求めていた。これに対しiFinex社側は、NYAGへの要求却下を求めていた。

 このほか、リップル社のブラッド・ガーリングハウスCEO(最高経営責任者)らが、31日の米上院公聴会に向けて、不透明な規制に対する懸念点を伝える声明文を公開したことなどが話題となった。ガーリングハウス氏はかねてより、フェイスブックが発行を計画する仮想通貨「リブラ」の問題をきっかけに仮想通貨業界全体へ規制監督の強化が及ぶことを警戒する旨の見解を明らかにしていた。

(イメージ写真提供:123RF)

ランキングページ
ビットコイン詳細ページ
イーサ詳細ページ
XRP詳細ページ
ICOレーティングについて