決済チャネルの複雑さによるBTCの喪失、19年でも問題に

102963627_s.jpg

 ビットコイン(BTC)と複数の上位アルトコインに導入されている多数の革新的コンセプトの1つが、LN(ライトニング・ネットワーク)だ。この技術はいまだに試験段階だが、多くの注目を集めているようだ。残念ながら19年においても、決済チャネルの設定に利用したビットコイン資産を失う可能性がある。ユーザーは念のため、全てが適切にバックアップされているかを確認すべきだ。

●ニーモニックが全てではない

 ビットコイン用のLNクライアントを設定したことがある全ての人々にとって、ニーモニック・シードの利用は習慣となっている。こうしたシードは多くの場合、何か問題が生じた際に決済チャネルを作り直すためのバックアップとして十分だ。これは、LNに対応した専用ハードウェアを利用しており、なんらかの理由でそのデバイスのデータを消去する必要がある場合に特に便利だ。

 しかし、ニーモニック・シードは必要なバックアップ情報の一部でしかないことが明らかになってきた。SCB(スタティック・チャネル・バックアップ)の導入前から決済チャネルを動かしている人々は、channel.backupファイルのバックアップにも最善を尽くしているだろう。このファイルには必要な情報が含まれており、最初に決済チャネルの作成に利用されたビットコイン(BTC)資産へのアクセスを可能にする。

●SCBの成功

 一般には理由は明かされていないが、LNは当初、現在SCBと呼ばれている機能を備えた設計ではなかった。そのため、ユーザーはチャネルの設定方法や、万が一に備えてバックアップする必要があるファイルについて、マニュアル全体に目を通す必要があった。幸いなことに、最近導入されたSCBによりこの問題は解消したが、多くの人々はこの機能の存在さえ知らない。

 この新機能の導入は素晴らしいことだが、これは19年においてもLNがまだいかに未完成かを示している。利便性の高いソリューションを求めているユーザーにとって、道のりはまだ遠い。この新技術を利用できるクライアントはいくつか存在するが、それらにも何らかのマニュアルが付属している。特にあまりテクノロジーには精通していないビットコイン愛好家にとって、これは理想的な状況とは程遠い。

●資産の回復はある程度可能

 情報の誤ったバックアップによって決済チャネルの設定に利用した資産にアクセスできなくなったユーザーにも、まだ希望が残っている可能性はある。具体的には、LNDを利用しているユーザーは、他の4つの基準も満たしていれば資産を回復できる可能性が高い。他のLNクライアントでも、試行錯誤は必要だが、やがては同様の手法が考案される可能性はある。

 サードパーティのソリューションを利用する場合はいつもそうだが、まず最初に自分自身で調査を行うべきだ。幸いなことに、機密情報が不適切な人々の目に晒されることを防ぐために、このソリューションはオフラインで利用できるようだ。こうした問題を解決する独創的なソリューションを誰かが思いつくと考えてもよいが、現在でもLNとやり取りをするのがどうしてこれほど大変なのかも疑問に思う必要がある。

(イメージ写真提供:123RF)

https://nulltx.com/losing-bitcoin-due-to-lightning-network-payment-channel-complexities-is-still-a-problem-in-2019/

This story originally appeared on NULLTX.

ランキングページ
ビットコイン詳細ページ
イーサ詳細ページ
XRP詳細ページ
ICOレーティングについて