<今日の仮想通貨市況>FOMC前の仕掛け的な動きに乱高下

82768624_s.jpg
 29日午前10時25分現在の主要な仮想通貨は、ビットコイン(BTC)が1BTC=103万8900円前後(過去24時間比0.9%高)、イーサリアム(ETH)が1ETH=2万3000円前後(同1.9%高)、XRP(XRP)が1XRP=34円前後(同0.3%高)などとなっている。

 週末はやや強含む場面があり、ビットコインは27日早朝にドルベースで一時1万ドルを回復したが、同日夜には再び1万ドルを割り込んだ。ドル安と仮想通貨高の相関が高まる中、30-31日のFOMC(米連邦公開市場委員会)での利下げを見込んだ仕掛け的な動きがビットコインなどを支えたとの見方があったが、手掛かり材料難で買いは続かなかった。その後はほぼ横ばいで推移。29日未明にビットコインは9200ドル前半まで下落する場面もあったが、すぐに持ち直している。

 今週の仮想通貨に関連したイベントは、FOMCのほか、31日に米議会上院の銀行委員会で仮想通貨規制の公聴会がある。また、30-31日にはブロックチェーン技術を推進するコミュニティが毎年開催している「ハイパーレッジャーメンバーサミット」が東京都港区の虎ノ門ヒルズで開かれる。

(イメージ写真提供:123RF)

ランキングページ
ビットコイン詳細ページ
イーサ詳細ページ
XRP詳細ページ
ICOレーティングについて