フロリダ拠点企業、ベネズエラの規制回避する手助け

80005195_s.jpg

 ベネズエラはフロリダ拠点の企業をうまく利用し、米国の法規制を逃れていると報じられているが、同国の金融規制局はペトロトークンを推し進めるために仮想通貨払いを奨励している。

 スペインABCのレポートによると、カラカス空港の利用者たちが、アメリカ拠点のジェットマンペイを使用し、航空税を仮想通貨で支払う場合が増えているようだ、

 ジェットマンペイは受け取った仮想通貨を香港、ロシア、中国、ハンガリーなどにある通貨交換所を使用し、米ドルに交換する。交換した米ドルをベネズエラ政府の所有する口座に入金する。

 米政府は国際企業がベネズエラ政府といかなるビジネスをすることも禁止し、トランプ米大統領は、もしベネズエラ政府との取引が発覚した場合には企業も制裁を受けると警告した。

 ABCはさらに、カラカスにあるマイクエシア国際空港(別名シモン・ボリバル)のディレクターであるアドミラル・カルロス・ホセ・ヴィエラ・アセベド氏と、バラキューダソリューションズ社のディレクター、アンヘル・ロベラ氏が追加の合意を行ったと報じている。その合意によれば、バラキューダはジェットマンペイの運営企業でフロリダを拠点とするBCDAエアロノーティカルソリューションズの傘下に入る。

 書類によればマイクエシア国際空港とバラキューダはそれぞれ税金の2%を受け取る権利がある。

 同レポートによると、バラキューダはベネズエラの航空規制当局と契約を交わし、今後ベネズエラで航空機に燃料補給をする航空会社が支払いを仮想通貨で行えるようになる。

 またベネズエラで仮想通貨規制を担当しているSunacripは6月25日、国内最大のデパート、トラキにおいてペトロ払いを許可するという発表をしていた。

(イメージ写真提供:123RF)

https://cryptonews.com/news/america-based-firm-lets-venezuela-dodge-us-sanctions-with-bi-4320.htm

This story originally appeared on cryptonews.com.

ランキングページ
ビットコイン詳細ページ
イーサ詳細ページ
XRP詳細ページ
ICOレーティングについて