<今日の仮想通貨市況>欧米金利上昇を背景に売り優勢

95797227_s.jpg
 26日午前10時5分現在の主要仮想通貨は、ビットコイン(BTC)が1BTC=105万9709円(過去24時間比3.25%安)、イーサリアム(ETH)が1ETH=2万3531円(同2.61%安)、XRP(XRP)が1XRP=33.8円(同2.54%安)など売り優勢となっている。

 25日は、フェイスブックのマーク・ザッカーバーグCEO(最高経営責任者)が前日に自身のフェイスブック投稿で、仮想通貨リブラを始める前にあらゆる懸念を規制当局とともに払しょくしていく旨を明らかにし、一時相場に買い安心感が広がったが、ECB(欧州中央銀行)理事会で9月の利下げが示唆されたものの市場の想定ほどハト派的ではなかったとの受け止めから欧米金利が上昇。金利の付かない仮想通貨は金とともに売りに転じた。

 このほか、リップル社のブラッド・ガーリングハウスCEOが、リブラ問題をきっかけに仮想通貨業界全体へ規制監督の強化が及ぶことを警戒する旨の見解を示したことも注目を集めている。

(イメージ写真提供:123RF)

ランキングページ
ビットコイン詳細ページ
イーサ詳細ページ
XRP詳細ページ
ICOレーティングについて