<今日の仮想通貨市況>バックト、ビットコイン現物先渡しテストを開始

115972993_s.jpg
 23日午前11時現在の主要仮想通貨は、ビットコイン(BTC)が1BTC=110万6998円(過去24時間比3.21%安)、イーサリアム(ETH)が1ETH=2万3302円(同3.95%安)、XRP(XRP)が1XRP=34.4円(同3.12%安)など売り優勢。21日にBTCがドルベースで1万1000ドル乗せを果たして以降、主要仮想通貨は戻り売りに押される展開となっている。

 22日、ニューヨーク証券取引所を傘下に持つICE(米インターコンチネンタル取引所)が運営するバックトがビットコイン先物取引(現物先渡し)のユーザー受け入れテストを正式に開始した。同社が提供する先物取引は、ビットコイン現物保管の役割提供、預け入れ資産における保険提供など、機関投資家の市場参入のネックとなっていた事柄を補完する可能性があると期待されている。

 このほか、テザー(USDT)の発行体「テザー社」系列の仮想通貨取引所ビットフィネックスが、米ニューヨーク州で営業していたことを指摘するNY司法当局の摘要書に反論した。NY司法当局が主張する「ニューヨーク州の利用者」は、海外の適格な契約参加者であったと摘要書の内容を否定したほか、USDTは「有価証券でもなく、コモディティでもない」とし、NY司法当局の管轄権と主張の無効性を主張。ビットフィネックスとUSDT、ビットコイン市場価格との関係性は、不透明な部分が多く、市場の懸念材料となっている。

(イメージ写真提供:123RF)

ランキングページ
ビットコイン詳細ページ
イーサ詳細ページ
XRP詳細ページ
ICOレーティングについて