ビットコイン、トランプ発言で下落

95992099_s.jpg

 7月15日の報道時点では、ビットコイン(BTC)は10900ドルを下回る水準で取引されている。前回の記事からは低い水準(1000ドル近く)ではあるが、ビットコインの行く末にとって重要な局面だ。

●ビットコイン、トランプ米大統領発言で軟化

 前週末は、トランプ大統領が仮想通貨に関心がないことをツイートしたことにより、ビットコインの評価は下がった。ツイートでは、ビットコインなど仮想通貨は「リアルマネー」ではなく、価値に根拠がないという見解を述べた。

 このツイートにより、11400ドル付近から10400ドル付近に1000ドル近くビットコインが下落した。このような騒動が起きるといつも価格は揺れ動くが、結局ここ数カ月でも証明されている通り、トランプ大統領が言うようなビットコイン価格が根拠のない水準であると言うことはない。

 報道時点では、ビットコインは500ドル近く上昇した。これはトランプのツイートの後に起き、またムニューシン財務大臣が米国での仮想通貨に対する重い規制を課すと説明した後に起きた。ムニューシン財務大臣によれば、すべての米国における仮想通貨取引所と取引プラットフォームは銀行に課されているものと同等の金融規制が課される。

 しかし、ビットコインはまだ上昇している。この上昇傾向は失われたわけではない。確かに、さえないニュースはあるが、まだ強いトレンドだ。規制強化とトランプ大統領発言など、ネガティブな動きがあるにも関わらず、ビットコインは依然堅調だ。

●トランプ大統領のコメントで、ビットコインがどの程度引きずられたか

 ビットコインは成功し、有効な投資先としての地位を確立する使命を負っていることを証明している。ビットコインがおった傷は一時的であり、今後24時間後にはビットコインはもう一度上昇するだろう(記事執筆時点から)。過去、ビットコインがもっと成熟することについて議論したが、これはその議論が正しかったことの証明だ。

 ビットコインの上昇は終わったように見えるかもしれないが、アナリストらはビットコインはまだ始まったばかりだと主張する。08年以降に、ビットコインは始まり、これまでに3人の大統領がこの存在について触れる機会があり、今回トランプ大統領がビットコインについて触れた。ネガティブかどうかは別にして、トランプ大統領が行ったことは、ビットコインをメインストリームに引き込むことであり、ブル傾向は今後も続きそうだ。

(イメージ写真提供:123RF)

https://nulltx.com/bitcoin-price-watch-trump-could-push-currency-further/

This story originally appeared on NULLTX.

ランキングページ
ビットコイン詳細ページ
イーサ詳細ページ
XRP詳細ページ
ICOレーティングについて