カナダ、20年6月から仮想通貨交換所の登録を義務化

100472709_s.jpg

 FinTRAC(カナダ金融取引・レポート分析センター)は10日にレポートを公表し、カナダ政府が20年に予定している金融規制を明かした。

 このレポートによれば、仮想通貨交換所は20年6月からカナダでの資金洗浄活動を抑制するためにFinTRACに登録する必要がある。FinTRACによるこの動きは仮想通貨交換所がユーザーの身分と取引を認証するためにKYC(顧客確認)ポリシーに従うことも要求する。詐欺的な活動を監視する、コンプライアンス・オフィサーも任命される。

 グローブ・アンド・メールの報道によれば、この動きは資金洗浄を防ぎ、テロリストへの資金援助活動を防ぐためにカナダの銀行に仮想通貨交換所と協力するよう説得するだろうとしている。また、仮想通貨交換所は常にこれたポリシーに従っていたが、いくつかの交換所はそうではなかった。

 カナダのビジネス系法律事務所のオスラー・ホスキン・ハーコートのパートナーであるローリ・ステイン氏は、銀行は常に仮想通貨交換所が資金洗浄、テロリストの資金援助活動への道を開いていることに懸念を示してきたと示唆した。ステイン氏は以下のように述べた。

 「登録そして順守が義務になり、FinTRACによる監督も存在するようになるため、銀行及びその他の金融機関は仮想通貨ビジネスへのサービス提供及び仮想通貨ビジネスとの取引にもっと積極的になることを願っている」。

 しかし、ステイン氏は今回の動きはルールに従う気のない仮想通貨交換所を払いのけ、潜在的な仮想通貨取引も防ぐかもしれないと述べる。

 BC(ブロックチェーン)を扱うビットアクセスのCEO(最高経営責任者)であるモー・アダム氏も同様の考えを有している。彼は以下のように述べた。

 「国際的な企業がカナダ人へのアクセスを制限することに加え、多くの企業がカナダの外に移転することを予想している」。

 カナダの仮想通貨交換所であるコインスクエアは、カナダがこれまで仮想通貨に最も寛容な国であると示唆した。コインスクエアは以下のように述べた。

 「このような規制政策はイメージを汚すだけでなく、顧客が交換所とビジネスを行うことを防ぐ。交換所に個人情報を明かしたくない顧客は個人間で直接取引することになるだろう」とした。


(イメージ写真提供:123RF)

https://ambcrypto.com/canada-mandates-registration-of-cryptocurrency-exchanges-by-june-2020/

This story originally appeared on AMB CRYPTO.

ランキングページ
ビットコイン詳細ページ
イーサ詳細ページ
XRP詳細ページ
ICOレーティングについて