1ドル以上のビットコイン保有アドレス、2000万超え

102770020_s.jpg

 世界最大の仮想通貨であるビットコイン(BTC)は、知名度と普及率が過去2年間で急伸している。これら指標の急伸は、仮想通貨に興味を持つ人数の増加だけでなく、主流の組織が同分野に参入していることを要因としている。19年には09年の出現以来4億番目の取引を終え、ビットコインは新たな節目を迎えた。

 しかし18年、1日当たりの取引数が約20万件に減少した長い仮想通貨の冬の間、普及率は低迷していた。だが当記事公開時点では平均取引数は約35万件で、19年に大きな転換が生じたと示唆される。

 ビットインフォチャートが公開した統計によると、現在2000万個を超えるアドレスが1ドル以上に相当するビットコインを保有しているという。この数値は大きな金額ではないかもしれないが、そのアドレス数はビットコイン・ネットワークへの参加者の増加を意味している。また、ネットワーク上の800万個を超えるアドレスで100ドル以上に相当するビットコインの保有が確認されている。

 ビットコインの分布統計を取り出すと、1枚以上のビットコインをウォレット内に保有していたアドレスは73万7262個だった。これらのアドレスが保有するビットコインの総数は1700万枚を超え、2000億ドル超に相当する。

 1枚以上のビットコインを保有するアドレス数の急増は、当記事公開時点で増加している他の要素と関連している可能性がある。ブロックチェーン・ドットコムによると、ビットコインを保有しているユニークアドレス数も直近24時間で増加しており、56万8831個のアドレスが記録されている。過去24時間でアドレス数が10万個以上増加したことになる。

 当記事公開時点でビットコインは大幅高となっており、直近24時間で8.56%上昇、1BTC=1万2502ドルで取引されている。

(イメージ写真提供:123RF)

https://ambcrypto.com/over-20-million-addresses-now-carry-more-than-1-worth-of-bitcoin-as-unique-address-numbers-pump/

This story originally appeared on AMB CRYPTO.

ランキングページ
ビットコイン詳細ページ
イーサ詳細ページ
XRP詳細ページ
ICOレーティングについて