7月4日のシスコインの予想と分析

101270397_s.jpg

 多くの仮想通貨ユーザーは、ビットコイン(BTC)の値動きによってアルトコインが変動する傾向にあることを十分に理解している。シスコイン(SYS)についても、その傾向は変わらない。しかし前途はまだ長く険しいものの、シスコイン市場はいくつかの興味深い変化を遂げつつあるようだ。

●シスコインの現在のトレンド

 ビットコインはこれまでになく不安定な状態が続いているので、この代替市場が苦戦していることは必ずしも驚きではない。この状況は近日中に変化するかもしれないが、現時点では言及すべき本当に安定した基盤は存在しないようだ。シスコインの価格チャートは多数の上下動の存在を示している。これは、利益を出したいトレーダーや投機家にとってかなり興味深い状況かもしれない。

●SYS/BTCのトレンドと分析

 ビットコインはまだ非常に不安定なので、アルトコインとビットコインを売買することで利益を得られる可能性がある。多くの市場はこの点で苦戦しているが、いくつかの興味深い上昇トレンドも存在する。シスコインでは、少なくとも4日の底は形成され、SYS/BTCは再びわずかに上昇しつつあるようだ。

 SYS/BTCは1シスコイン=365サトシに下落した後、現在385-390サトシに再度向かっているようだ。常に注意すべき下落はまだ存在するが、この上昇トレンドを保とうとする強い試みが存在している。現時点では、チャートはBTC/USDのチャートに完全に追随しているようだ。それらの上昇や下落はシスコインにも事実上影響するだろう。そうなるかどうかは、良くも悪くも時が経たなければ分からない。

 大きな疑問点は、このアルトコインが小さな取引高で現在のトレンドを維持できるか否かだ。多くの代替市場とは異なり、シスコインの取引高は1万ドルに満たない。時価総額190位のプロジェクトにとって、これは全く異常というわけではない。バイナンスのSYS/BTCがシスコインの全取引高の74%以上を生み出しているという点も興味深い。これは必ずしも良いことではないが、すぐにこのアルトコインの取引に参加したいと考えている人々にとっては頼りになる市場だ。

●SYS/USDのトレンドと分析

 SYS/USDはあまり刺激的ではないようだ。少なくとも4日は大部分が小さな上昇と下落で、市場が次にどこへ向かうかについての重要な兆候は存在しない。ビットコインの上昇トレンドがある時点で崩壊した場合、SYS/USDが再度下に向かうのかどうかはまだ分からないが、1シスコイン=0.045ドルの水準は強気の価格だと考えられていることは明らかだ。

 かなり興味深い先行的な動きが生じており、SYS/USDは今後数時間、数日で下落すると予想される。シスコインは4日に一時0.0431ドルに下落したが、その後すぐ大きく反騰した。さらにもう一度下落した後、最終的に0.0452ドルへ上昇した。しかし、取引高の少なさを考慮すると、市場は上方向にも下方向にも動きやすいだろう。

●指標は中立を維持

 シスコインが次にどこへ向かうかを判断するのは非常に難しい。RSIやMACDといったテクニカル指標も、次の動きに関する重要な兆候は示していない。トレーディングビュー上のテクニカル分析の全体的な地合いは「根強い売り」だと思われ、これはシスコイン市場の今後を示している可能性がある。しかし地合いは正式な市場指標ではなく、そのようなものとして扱うべきでもない。

(イメージ写真提供:123RF)

https://nulltx.com/syscoin-price-prediction-and-analysis-for-july-4/

This story originally appeared on NULLTX.

ランキングページ
ビットコイン詳細ページ
イーサ詳細ページ
XRP詳細ページ
ICOレーティングについて