テレグラムのグラム、公開売り出し前に201%値上がり

94839785_s.jpg

 テレグラムの新デジタルトークン「グラム」は4ドルで先行販売され、18年3月の2回目のICO(イニシャル・コイン・オファリング)の際に比べると201%値上がりした。

 先行販売を担う日本の仮想通貨取引所リキッドバイコインのウェブサイトによれば、同社は、リキッドバイコインの独自トークンQASHでグラムを購入することにより12.5%ディスカウントされる。4日12時52分時点で、グラムは前日比4%下落で、前月比28%上昇した。

 グラムの先行販売は7月10日に始まる。日本と米国、その他複数国の居住者はトークンを購入することはできない。

 リキッドによれば、韓国に拠点をおくグラム・アジアが保持するコインを売り出す予定だ。グラム・アジアはアジアで最もグラムを保持している。さらに、「19年10月にリリースする予定のTONのネットワークをベースにしたウォレットをリリースする予定だ」。

 テレグラムと創業者のパーヴェル・ドゥーロフ氏は、先行販売について公式に発表していなかった。

 報道の通り、テレグラムは東アジア(特に日本)を向いている。2月にハッシュ・クリプト・インベストメント・バンクが示した予想によれば、グラムは19年末には295億ドルの価値となる可能性があり、100以上の投資家から約17億ドルの資金調達を過去2回で行なっている。

 テレグラムは、最近リブラを発表したフェイスブックが持つメッセージングアプリのWhatsAppと競合している。

(イメージ写真提供:123RF)

https://cryptonews.com/news/telegram-s-gram-jumps-201-even-before-public-sale-4164.htm

This story originally appeared on cryptonews.com.

ランキングページ
ビットコイン詳細ページ
イーサ詳細ページ
XRP詳細ページ
ICOレーティングについて