<今日の仮想通貨市況>高まる金融緩和観測、余剰資金流入か

38339610_s.jpg
 4日午前10時10分現在の主要仮想通貨は、ビットコイン(BTC)が1BTC=127万4289円(過去24時間比4.57%高)、イーサリアム(ETH)が1ETH=3万2381円(同0.80%高)、XRP(XRP)が1XRP=43.8円(同0.14%高)などほぼ全面高となっている。

 3日、ハト派とされるラガルドIMF(国際通貨基金)専務理事が次期ECB(欧州中央銀行)総裁に指名された。前日にトランプ米大統領が利下げ支持派2名をFRB(米連邦準備制度理事会)理事に指名する考えを明らかにしたこともあり、3日は欧米とも緩和・利下げ観測期待から株高となった。世界的なマーケットでの余剰資金の一部が仮想通貨市場にも流入してきた可能性がある。

 このほか、ゴールドマン・サックス出身の仮想通貨投資会社ギャラクシー・デジタル創業者マイケル・ノヴォグラッツ氏がBTCは200万円を突破する可能性があるとの見解を明らかにしたことが話題となっている。

(イメージ写真提供:123RF)

ランキングページ
ビットコイン詳細ページ
イーサ詳細ページ
XRP詳細ページ
ICOレーティングについて