ビットコイン1万ドルから回復、10時間で1万1000ドルに

85254840_s.jpg

 最大の仮想通貨であるビットコイン(BTC)が、9960ドルから1万1000ドルへと回復するまでに10時間かかった。4時38分(協定世界時)に、ビットコインは1万1360ドルで取引し、過去24時間で13%高となり、週次では7%安だが、月次では31%高となった。

 主要なデジタルトークンは2日、最悪の結果となったが、ビットコインは3日、再び時価総額でトップ10の他の通貨をリードしている。イーサリアムやビットコインSVは、最も優れた主要アルトコインだった。

 合計時価総額は11%まで上昇し、3250億ドルに達した。ビットコインの優位性、または合計時価総額に占める割合は、6月末で62%を超え再び増加した。

 ウォルトンチェインやテゾス、エナジーなど、トップ100でより時価総額が小規模の通貨は、過去24時間で20%まで上昇した。

 ギャラクシー・インベストメント・パートナーズの創設者であるマイケル・ノボグラッツ氏は、「市場は今後、1万ドルから1万4000ドルの間で集約し、しばらく続くと予想している」と、3日のブルームバーグのインタビューで語った。

 一方、エコノミストでトレーダーのアレックス・クルーガー氏は、3万7500件のツイッターのフォロワーに対し、19年のビットコインについてどのように予想するか尋ねた。

 クルーガー氏によると、「大口バイヤーがいまだ存在し」、個人投資家はまだ参加しておらず、バックトのように機関投資家向けのプラットフォームが、オンラインになりつつあるので強気だという。他にもあるが、ビットコインマイナーが、「途中で行き詰まっている」ことも強調し、ビットコインの半減、すなわち、マイニング報酬の半減が近づいていると述べた。

(イメージ写真提供:123RF)

https://cryptonews.com/news/bitcoin-rebounds-from-below-usd-10k-to-above-usd-11k-in-ten-4157.htm

This story originally appeared on cryptonews.com.

ランキングページ
ビットコイン詳細ページ
イーサ詳細ページ
XRP詳細ページ
ICOレーティングについて