ロシア政府、「仮想通貨取引の合法化」検討へ

28444016_m.jpg

 ロシア財務省幹部は仮想通貨取引合法化への道を開いたようだ、これにより、ロシアの仮想通貨投資家にとって状況は増々興味深くなってきた。

 インタファックス通信によると、アレクセイ・モイセーエフ財務次官は21日、「政府は仮想通貨の売買は合法化するが、仮想通貨を用いた支払いは合法化しないかもしれない」と発言したという。

 モイセーエフ氏はさらに、ロシア政府は「交換所設立と仮想通貨販売の可能性について議論する」準備も整えていると付け加えた。

 しかし同財務次官は、取引の制限から厳格な取り締まりまで、あらゆる選択肢の可能性を残している。同氏は次のように述べた。

 「我々は今、国民がどれだけの仮想通貨を取引できるようにするかを決める必要がある、その範囲は完全な禁止から無制限の購入にまで及ぶ」。

 モイセーエフ氏の発言の中でロシアの仮想通貨コミュニティにとって最もポジティブだった部分は恐らく、ロシアの中央銀行が現在この件について財務省と協議を進めていると認めたことだ。ウラジーミル・プーチン大統領の元補佐官であるロシア中央銀行のエリヴィラ・ナビウリナ総裁は、同国の主要な仮想通貨懐疑論者の1人だと考えられている。

 モイセーエフ氏は、仮想通貨の合法化についてロシア連邦保安庁とも協議していると述べた。

 ロシア議会は5月、FATF(金融活動作業部会)のマネーロンダリングおよびテロ対策ガイドラインによって法案が「行き詰った」として3つの法案の第2読会を「延期」しており、同国の仮想通貨法整備は足踏み状態が続いている。

 また、ロシアの金融担当責任者らは18日、フェイスブックのリブラ・プロジェクトを受け入れないつもりだと発言している。

(イメージ写真提供:123RF)

https://cryptonews.com/news/moscow-to-consider-legalizing-cryptocurrency-trading-4097.htm

This story originally appeared on cryptonews.com.

ランキングページ
ビットコイン詳細ページ
イーサ詳細ページ
XRP詳細ページ
ICOレーティングについて