日本銀行総裁、フェイスブックのリブラの進展を見守ることに乗り気

47124756_s_日銀.jpg

 世界中の規制当局と金融トップがフェイスブックのリブラ仮想通貨に懸念や疑いを表明する中で、日本の金融業界の大物プレーヤーの1人はリブラの良い面を見ているようだ。

 日本経済新聞及び中日新聞の報道によれば、記者会見で日本銀行総裁の黒田東彦氏はリブラについて聞かれ、以下のように答えた。

 「フェイスブックのリブラ・プロジェクトについて全ての詳細をまだ把握していない。しかし、仮想通貨が支払い手段として人々の信頼を得ることができるか見てみたい」

 また、黒田氏は仮想通貨業界の「トレンド」を「注意深く」調べる予定であり、仮想通貨が金融システムにどのような影響を有するか興味があると述べた。

 しかし、仮想通貨が支払い及び決済手段として十分に機能するかどうかは、「その価値を安定させられるか、技術的な安定性が確保されるか、その発行者、取引者、開発者が対資金洗浄ルールを含んだ規制に従うことができるかどうかによって決まる」と警告した。

 他にも、複数の日本メディアは、国内で最も大きいチャットアプリであるラインが数日以内に仮想通貨取引所であるビットマックスの運営に関する許可を与えられると報道している。

 日本経済新聞の報道によれば、金融庁は間もなくビットマックスに許可を与える予定であり、約8000万人の日本人ユーザーがトークン取引を開始する可能性を生み出す。

 もしラインが金融庁の許可を得れば、同社は日本において仮想通貨ビジネスを開始する3番目の大手企業となる。他の2社はSBIグループのSBIバーチャル・カレンシーズとヤフー・ジャパンのタオタオである。

 4番目のプレーヤーも間もなく参加する可能性があり、そのプレーヤーとは、同じく取引所ビジネスの許可を金融庁から得ることを願っている日本の最も大きいEコマースプラットフォームである楽天である。

(イメージ写真提供:123RF)

https://cryptonews.com/news/bank-of-japan-boss-keen-to-follow-facebook-s-libra-progress-4084.htm

This story originally appeared on cryptonews.com.

ランキングページ
ビットコイン詳細ページ
イーサ詳細ページ
XRP詳細ページ
ICOレーティングについて