イーサリアムクラシックのハードフォーク、19年9月に実施予定

86083540_s.jpg

 イーサリアム・クラシック(ETC)の大きなアップデートであるアトランティスが19年9月に実施されることに、開発者たちが公開会議で合意した。

 このハードフォークはイーサリアム・クラシックにとってこの1年間で初めてのものになる。開発者たちはどのように、いつ、行うかについて長い間合意をすることができていなかった。会議において、ハードフォークが実施されるブロックナンバーは8772000に決まった。9月17日にハードフォークが実行される見込みだ。

 6月20日にイーサリアムクラシックラボから投稿されたMediumの記事では、開発者たちはブロック高の調整について、アトランティスを実施するにあたって次の2つの点を満たす必要があることを説明した。

(1)ネットワークのセキュリティを保つようなハイクオリティのブロックチェーンソフトウェアを開発すること。
(2)コミュニティの選択肢と懸念を熟慮すること。

 またアトランティスはすでにテスト段階にあり、開発チームはバグや、新たなコードをオリジナルのコードに組み込む際に発生する可能性のある問題の発見と修正を行う期間が必要だと説明。同記事では「開発チームの入念な準備と計画により、バグは迅速に修正され、テストは順調に進んでいる」としている。

 以前にも報道したように、このハードフォークの目的は、イーサリアムクラシックの安定性と機能性を高めるとともに、イーサリアムネットワークとの相互運用性を高めることだ。

 ETCは現在時価総額が約9億5400万ドルで19番目に位置し、直近24時間で1.5%、1週間で3.7%、1カ月で16%の上昇を見せている。

(イメージ写真提供:123RF)

https://cryptonews.com/news/activation-of-etc-s-hard-fork-coming-in-september-4087.htm

This story originally appeared on cryptonews.com.

ランキングページ
ビットコイン詳細ページ
イーサ詳細ページ
XRP詳細ページ
ICOレーティングについて