ビットコイン1万1000ドル試す、イーサリアム300ドル突破

85254840_s.jpg

 多くのアナリストが最近予想していた通り、ビットコインは心理的に重要なフシ目である1万ドルを回復し、一時は1万1000ドルも超える場面も見られた。また、他のアルトコインも上昇した。

 ビットコインは一時の高値から3%下落した後、1万745ドル付近で取引されており、24時間前に比べて9%上昇した。これは1週間前と比べれば23%高、1ヶ月前と比べれば40%高だ。さらに、(約1年前の)18年6月22日と比べれば73%高となる。

 前回ビットコインが1万ドルの水準にあったのは、18年3月以来だ。

 また、ビットコイン・ドミナンスまたは総時価総額におけるビットコインの割合は、1%増の約59%になった。総時価総額は7%上昇して、3240億ドルに達した。

 ロンドンに拠点を置く仮想通貨投資会社KR1 Plc.のCEO兼共同創設者であるジョージ・マクドナウ氏によれば、「ビットコインの立ち直りはケタ外れだ」。彼によれば、「マネーは離れずに、舞い戻るのを待っていただけだ。」

 「この心理戦の後に、価格は波打ちそうだ。ビットコインは力強い野獣のようなもので、マネーや政治、価値、利益について考えさせられる。多くの人は購入して何が起きるのかを注視するだろう。」と彼は言い、「強い注意が必要だ」と強調した。

 また、ジェミニのタイラー・ウィンクルヴォスCEO(最高経営責任者)によれば、もしビットコインが1万ドルを超えれば、1万5000ドルも突破するだろう。1万ドルを2度試せば、多くの人がより「リアル」に感じることができる。また、詐欺師が準備している一方で、FOMO(取り残されることへの恐れ)を待っている人たちもいる。

 一方、時価総額がトップ10にランクインするコインの中で、XRP(XRP)はビットコインに次ぐパフォーマンスの良さだ。イーサリアム(ETH)は約8%上昇し300ドル(18年8月の水準)を超えた。イーサリアムは1週間前に比べて16%高で、1ヶ月前に比べて27%高となったが、1年前に比べれば35%安の水準だ。他のコインは3-7%の上昇となっている。

●リアクション

 メディアは、ビットコインのうねりに対してドラマティックな正当化を行うだろうが、一番の取れ高はシンプルで率直なものだ。ビットコインは、

-株式市場が史上最高値を記録している一方でリスクアセットだ。
-不確実性の時代にグローバルな不秩序に対するリスクヘッジだ。

(イメージ写真提供:123RF)

https://cryptonews.com/news/what-usd-10-000-bitcoin-almost-touched-usd-11k-ether-above-u-4094.htm

This story originally appeared on cryptonews.com.

ランキングページ
ビットコイン詳細ページ
イーサ詳細ページ
XRP詳細ページ
ICOレーティングについて