ロジャー・バー氏、「BCHが崩壊寸前という話はフェイクニュース」と主張

107887604_s.jpg

 仮想通貨業界の一部の人々はビットコインキャッシュ(BCH)が「崩壊寸前で開発者によるクーデターが進行中」だと考え始めているが、ビットコインキャッシュの主な支持者であるロジャー・バー氏はこれは「フェイクニュース」だと返答した。

 非常に厳しい予算の下で6-7名の人々が全ての開発作業を行っており、「この6-7名が意欲を無くし立ち去れば、ビットコインキャッシュは失敗に終わり、上位20通貨からすぐに脱落し、基本的には死んだプロジェクトになるだろう」という主張がソーシャルメディア上に出回っている。

 一方、ロジャー・バー氏はクリプトニュースへの返答の中でこうした話を否定し、「これはフェイクニュース」であり、ビットコイン・ドットコムには「約100名が所属しており、全員がプロトコル開発などでビットコインキャッシュに取り組んでいる」と述べた。

 ロジャー氏は資金面について、「ビットコインキャッシュのプロトコルに関する作業のために、6月だけで30万ドル超あるいは約800ビットコインキャッシュを調達した」と付け加えた。実際、持続可能な開発と革新に向けたビットコインキャッシュのインフラの構築とサポートのための資金調達では、807件の寄付で目標額の56.87%を調達している。

 ビットコインキャッシュに関するこの最新の議論は、レディットの利用者であるスカイラーク氏の投稿で始まり、様々な人々がロジャー・バー氏、ビットコインキャッシュ、現在の資金調達について意見を交わした。この議論の中で最も話題に上がった人物の1人は、ビットコインキャッシュの主要開発者であるアモーリ・セシェ氏だった。同氏は3月にビットコイン・アンリミテッドを離れると発表したが、主要開発者としてビットコインキャッシュに取り組み続けた。

(イメージ写真提供:123RF)

https://cryptonews.com/news/roger-ver-claims-that-bch-is-on-brink-of-collapse-are-fake-n-4063.htm

This story originally appeared on cryptonews.com.

ランキングページ
ビットコイン詳細ページ
イーサ詳細ページ
XRP詳細ページ
ICOレーティングについて