フェイスブックの仮想通貨リブラ、正式に始動

94241118_s.jpg

 ソーシャルメディア大手のフェイスブックと27社の組織が、BC(ブロックチェーン)技術を基盤とし、「より包括的な新たな金融エコシステムであるリブラ・ネットワーク上の日常的なニーズに利用できる、準備金に裏付けられた国際的なデジタル通貨」であるリブラに関する計画を遂に発表した。このネットワークは20年上半期の立ち上げを予定している。

 Libra.orgとCalibra.comという2つのサイトが18日に公開され、このプロジェクトの詳細が説明された。

 リブラ・プロジェクトのホワイトペーパーには、「何十億もの人々に力を与えるシンプルで国際的な通貨と金融インフラを実現することが、リブラの使命だ」と記されている。

 一方Calibra.comは、「繋がる世界のための繋がるウォレット」と紹介されており、現在開発中だ。

 この発表によると、「フェイスブックは新設の子会社であるカリブラを通じ、リブラ・アソシエ―ションに参加する。カリブラはリブラ向けの金融サービスを開発する。カリブラの最初の製品は、メッセンジャーとワッツアップで、そして独立アプリとして入手可能なリブラ用のデジタルウォレットだ」という。

 フェイスブックのマーク・ザッカーバーグCEO(最高経営責任者)は、「カリブラは他の決済サービスプロバイダーと同様に規制を受ける。カリブラで共有された情報は、フェイスブックで共有された情報から隔離される」と述べた。

 同氏によると、「カリブラによって、最初からほぼ誰に対しても、スマートフォンを使った低コストあるいは無料でのリブラの送金が可能となる」という。

 「我々は、ボタン1押しでの支払い、コード読み取りでのコーヒー購入、現金や乗車券不要の地方公共交通機関の利用といった、より多くのサービスを時間をかけて個人や企業に提供したいと考えている」と同氏は付け加えた。

 ザッカーバーグCEOは、このプロジェクトは詐欺に対する保護を提供し「リブラが失われた場合は補償する」と約束した。

 リブラは次の3つの要素から構成されている。

 ・BC上に構築される。

 ・内在価値を与えるよう設計された準備資産に裏付けられる。

 ・エコシステム発展の任務を負う「独立したリブラ・アソシエーション」によって管理される。


 リブラ・アソシエーションの設立趣意書の策定に携わり、完成後は「創立メンバー」となる最初の組織は、業界別に次の通りだ。

 ・決済:マスターカード、ペイパル、ペイU(ナスパーズのフィンテック部門)、ストライプ、ビザ

 ・技術及びマーケットプレイス:ブッキング・ホールディングス、イーベイ、フェイスブック/カリブラ、ファーフェッチ、リフト、メルカドパゴ、スポティファイAB、ウーバー・テクノロジーズ

 ・通信:イリアド、ボーダフォン・グループ

 ・BC:アンカレッジ、バイソン・トライアルズ、コインベース、ザポ・ホールディングス

 ・ベンチャーキャピタル:アンドリーセン・ホロウィッツ、ブレイクスルー・イニシアチブス、リビット・キャピタル、スライブ・キャピタル、ユニオン・スクエア・ベンチャーズ

 ・非営利組織、国際機関、学術機関:クリエイティブ・ディストラクション・ラボ、キヴァ、マーシー・コープス、ウィーメンズ・ワールド・バンキング

 ホワイトペーパーによると、20年上半期に予定している立ち上げまでに、リブラ・アソシエーションは約100社の加盟を期待しているという。既に報じられている通り、メンバーは参加費として1000万ドルを支払う必要がある。

●リブラのホワイトペーパーの他の重要ポイント

 ・フェイスブックは、既存のBCは「ボラティリティとスケーラビリティの欠如によって阻害されており、これまでのところ価値の保存手段や交換媒体として不十分なものになっている」と主張している。同社は、「規制当局や様々な業界の専門家を含む金融分野との協力と革新こそが、この新システムが持続可能で安全で信頼できる枠組みによって支えられることを保証する唯一の方法だ」と述べている。

 ・同プロジェクトは、「国際的で、オープンで、即時性があり、低コストな資金の動きが大きなビジネスチャンスを生み出す」と共に、「分散化された形での管理への信頼が高まる」一方で、「国際的な通貨や金融インフラは公共財として設計され管理されるべきだ」と考えている。

 ・リブラの許可型BCは、「スケーラビリティ、セキュリティ、保管と処理能力の効率性、将来の適応性」を最優先にゼロから構築されている。また、このBCは5年以内に非許可型になる可能性がある。

 ・リブラBCは全ての人々に開かれている。顧客、開発者、企業はリブラ・ネットワークを利用し、その上で製品を開発し、自身のサービスを通じ価値を付加することができる。

 ・リブラBCは匿名で、ユーザーは現実の身分とつながりのない1つあるいは複数のアドレスを保有できる。

 ・通貨の単位は「リブラ」である。

 ・発行される各リブラごとにリブラ・リザーブに銀行預金と短期国債が保管され、その内在価値に信頼性を与える。

 ・準備資金は、インベストメント・トークンへの投資家とリブラのユーザーからもたらされる。

 ・リブラ・インベストメント・トークンは私募で適格投資家に販売される。

 ・フェイスブックのチームはリブラ・アソシエーションとリブラBCの開発において重要な役割を果たし、19年を通じて指導的役割を保つと見込まれる。

 ・今後数カ月間、リブラ・アソシエーションはコミュニティと協力し、リブラBCのひな型に関する意見を集め、立ち上げの準備を整える。この作業は特に、実装及びプロトコルのセキュリティ、パフォーマンス、スケーラビリティの確保に重点を置く。

(イメージ写真提供:123RF)

https://cryptonews.com/news/facebook-announced-its-libra-project-4064.htm

This story originally appeared on cryptonews.com.

ランキングページ
ビットコイン詳細ページ
イーサ詳細ページ
XRP詳細ページ
ICOレーティングについて