BTC価格ウォッチ:9000ドル突破

94123931_s.jpg

 当記事執筆時点で、全ての仮想通貨の父であるビットコイン(BTC)は1BTC=8800ドル越えで取引されている。前回の価格分析記事の時と比べると遥かに良い状態だが、16日の早朝には9300ドルを越えていたことを考えると残念な状態であり、見た所では500ドル下落している。

●ビットコインは9000ドル越えに留まることができないようだ

 我々にできることは2つある。再度下落したという事実に注目して悲観的になることもできるし、どうすれば再度9300ドルへの急騰が生じ得るかをより深く理解するためにその要因を調査することもできる。結局のところ、ビットコインは最近非常に好調だ。強気の動きは比較的持続しているので、今回の下落についてはあまり心配する必要はないかもしれない。過去に9000ドルに達したのなら、もう一度そうなることは間違いなく可能だ。

 ここ数週間、9000ドルは強固なレジスタンスだと証明されてきた。ビットコインは過去1カ月間9000ドルのラインに接近し続け2度突破したが、すぐに数百ドル急落した。

 では、今回の急騰の原因は何か? ライトコイン(LTC)が非常に好調なことが理由の1つだ。ライトコインは年初から330%超上昇しているが、ライトコインとビットコインには奇妙な繋がりがあるようだ。ライトコインが好調な時はビットコインも好調で、ビットコインが好調ならばライトコインも好調になる。ライトコインは19年内に半減期を迎え、マイナーが得る通貨の量が半分になる予定だ。これによって流通するライトコインが減るため、その価値が増す。

 同じく興味深いのは、ビットコインの成熟度が価格と動きの面で次の段階を試しているという点だ。最近、ビットコインの炭素排出量がラスベガスの排出量に匹敵することを示すレポートが公開された。これは相当な排出量だが、ビットコインが必ずしもこのニュースの影響を受けるわけではない。

 2、3年前にはビットコインがある程度下落する可能性は高かった。しかし今回は最終的に上昇しており、直近数カ月間で「厚い層」が形成されたと示唆される。

●より多くの投資家が参入

 一方で一部のアナリストは、この分野に魅力を感じていると思われる機関投資家の数が増加しているおかげで、ビットコインが非常に好調だとも認めている。クリプトコンペアのCEO(最高経営責任者)で共同創業者のチャールズ・ヘイター氏は、ビットコインと仮想通貨分野の勢いが増していると説明している。同氏は次のようにコメントした。

 「多方面にわたって、市場では新規参入者と盛り上がりが確認できる。上昇自体が新規参入者を引き付けるが、ファンダメンタルズを支える多くの進展も見られる」。

(イメージ写真提供:123RF)

https://nulltx.com/bitcoin-price-watch-currency-hits-9000-then-falls-again/

This story originally appeared on NULLTX.

ランキングページ
ビットコイン詳細ページ
イーサ詳細ページ
XRP詳細ページ
ICOレーティングについて