仮想通貨ウォレットのブロックチェーン、2カ月で400万以上の新規ウォレット

Luxembourg_119265456_s.jpg

 ルクセンブルクを拠点とし仮想通貨ウォレットを提供するブロックチェーン社は19年4月と5月に合計で400万以上のダウンロード数を記録し、18年同時期のおよそ倍になったと発表した。

 一つ注意しておきたいのは、ウォレット数=仮想通貨ユーザー数を意味するわけではないということ。一人のユーザーが複数のウォレットをもつこともできるからだ。

 いずれにせよ、ブロックチェーン社のウォレットを使う全世界でのユーザー数は16年の第1四半期から19年の同時期までで順調に伸びている。18年初めには2400万だったウォレット数は19年1月、2月には3450万まで伸び、その後も前述したように増加している。同社のサイトによると、現在のウォレット数は14カ国で合計3900万を超え、1億のトランザクションが発行されており、これまでで2000億ドル相当の仮想通貨が取引されている。

「仮想通貨価格の上昇により、仮想通貨に挑戦してみようという人の新たな波が生まれた」、と同社の月次報告で述べられている。

 特にビットコイン(BTC)が5月に8000ドルを超えた事や、イーサリアム(ETH)ビットコインキャッシュ(BCH)が60%以上も上昇したことが強調されている。「6月最初の数日に少し上昇が落ち込んだが、我々は仮想通貨が厳しい冬を乗り越え、夏に入ったと思っている」。

 ブロックチェーン社のウォレット数増加のもう一つの要因として、5月にPaxos(USD PAX)が初のステーブルコインとしてウォレットに登録されたこともあるだろう。「グローバル市場の不明瞭さとボラティリティが大きくなっている。そこでユーザーはUSD PAXをポートフォリオのリスクを減らすヘッジとして選択しているのだろう」と先ほどの月次報告で述べられている。

 現時点でブロックチェーンウォレットはBTC、BCH、ETH、ステラールーメン(XLM )、USD PAXを取り扱っている、

(イメージ写真提供:123RF)

https://cryptonews.com/news/blockchain-grew-by-4-million-wallets-in-two-months-4047.htm

This story originally appeared on cryptonews.com.

ランキングページ
ビットコイン詳細ページ
イーサ詳細ページ
XRP詳細ページ
ICOレーティングについて