ジャック・ドーシー氏の仮想通貨チームに最初のメンバー

93261922_s.jpg

 ツイッターのジャック・ドーシーCEO(最高経営責任者)が共同創業者であり、そのトップである決済企業のスクエアはその仮想通貨部門、スクエア・クリプトに最初のメンバーを迎えた。

 エンジェル投資家、スタートアップのアドバイザー、元グーグルのプロダクトディレクターであるスティーブ・リー氏がスクエア・クリプトに加わることが発表された。リー氏は15年にグーグルを退社したが、グーグルでリー氏は約10年間プロダクトマネジメントを指揮し、担当した分野はモバイルアプリケーションや同社によって設立された半ば機密のR&D施設及び組織であるグーグルXにまで及ぶ。リー氏のリンクトインのページによれば、彼は積極的なエンジェル投資家であり、ハイライター、スタイルシート、アンカー・ラボ、バイトゲイン、アルト・フィナンシャル、ヘイロー・ニューロサイエンス、パーサブルなどに出資している。

 「BC(ブロックチェーン)でなくビットコイン(BTC)だ。この機会にとてもワクワクしている!」とリー氏は今回の発表の後ツイートした。

 スクエア・クリプトはリー氏が同部門で具体的にどのような役割を果たすのかについて言及しなかった。

 3月に報じられたように、スクエアは仮想通貨エコシステムを助けるために3人から4人のエンジニアと1人のデザイナーを雇うことを目指している。このチームはビットコインに友好的なドーシー氏の直属となるだろう。

 3月にドーシー氏はスクエアはオープンソース・コミュニティから多くを得てきており、仮想通貨はそれにお返しをするささやかな方法であると説明している。さらに、「これは、よりアクセスしやすいインターネットのためのグローバルな金融システムを作るという私達が有しているより広範な興味と一致している」。

 スクエアの19年第1四半期の収益は9億5900万ドルで前年同期比43%上昇したが、3800万ドルの損失だった。一方で、ビットコインに関連する売上高は約2倍となり、第1四半期に6550万ドルに達した。

(イメージ写真提供:123RF)

https://cryptonews.com/news/jack-dorsey-s-crypto-team-just-got-its-first-member-4036.htm

This story originally appeared on cryptonews.com.

ランキングページ
ビットコイン詳細ページ
イーサ詳細ページ
XRP詳細ページ
ICOレーティングについて